#author("2022-02-24T19:49:30+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-05-13T20:49:36+09:00","default:pop hok","pop hok")
*党の基礎組織を強める [#d2cf1ea9]
堅固な建物には堅固な基礎が必要です。党づくりもこれと同じです。朝鮮労働党は基礎組織を強めて全党を強めるのを党づくりの原則としています。敬愛する金正恩総書記は末端の基礎組織である党細胞の強化に格別関心を向けています。党細胞を強めるのは全党を強めるための第一歩となります。

金正恩総書記は、朝鮮労働党が強いのは総書記や党中央委員会の政治局、書記局があるからでなく、党の路線と政策を実行する末端の基礎組織である党細胞があり、これを受け持つ党細胞書記がいるからだと言いました。

総書記は党細胞書記大会の成功のため心血を注ぎました。深い夜も思索を重ねて大会で行う演説と結語を著し、大会に臨席しては発言も詳しく聞きました。

今も記憶に新しいのは、金正恩同志が労働党の首位に立って初めて開かれた''朝鮮労働党第4回細胞書記大会''のことです。大会で総書記は、党細胞が強ければ党が揺れることもなく、何一つ恐れることも、不可能なこともないと言いました。

細胞書記は病気の子、わけある子になお更気を遣って愛情を注ぎ、わが子のためなら幾多の苦労もいとわない母のように真心を尽くすべきだとの総書記の演説は、みなの胸を熱くしました。

金正恩総書記は党を強めるためにチュチェ105(2016)年12月末、朝鮮労働党の歴史上初めての''全党初級党委員長大会''を招集し、指導しました。

総書記は大会で、党の路線と政策は初級党を通じて実行される、初級党の戦闘力イコールわが党の戦闘力で、初級党を強めることに全党を強める早道がある、と言いました。そして、初級党活動家の活動方法と作風、品格に至るまで詳しく教えました。

第1回全党初級党委員長大会は労働党の強化と社会主義強国造りに新たな里程標を立てました。

基礎党組織の活動に新たな転換をもたらした金正恩総書記の導きがあって、大衆の一番近くにある初級党委員会と党細胞の役割が一段と高まり、朝鮮労働党は人民の中にもっと深く入りました。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117027_001.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117027_004.jpg,wrap,226x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike220117027_005.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2022.02.23の記事'''
#br
LEFT:''朝鮮労働党第4回細胞書記大会'':[[99%と1%]]、[[人民に滅私奉仕する党に]]、[[朝鮮労働党の崇高な人民観]]、[[朝鮮労働党の歴史に記される大会]]、[[母の声]]、[[真心を尽くす]]、[[朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く(朝鮮労働党第4回細胞書記大会)>朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く#a9c9239c]]&br;
''第1回全党初級党委員長大会'':[[党の強化のために]]、[[朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く(第1回全党初級党委員長大会)>朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く#o7c1fbee]]
''第1回全党初級党委員長大会'':[[全党の強化の新たな全盛期]]、[[党の強化のために]]、[[朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く(第1回全党初級党委員長大会)>朝鮮労働党の歴史に永遠に輝く#o7c1fbee]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2022.02.23)
//220312_党の基礎組織を強める
//220317_党の基礎組織を強める


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS