#author("2018-02-12T13:00:20+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-07-01T18:52:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
*偉人の下で生まれた朝鮮宝石画 [#e8e21610]
''朝鮮宝石画''は世界の美術界に広く知られています。天然宝石や人造宝石で現実をリアルに描く朝鮮宝石画は朝鮮民族の富、自慢です。朝鮮宝石画が世に生まれたのは1980年代の後半でした。

チュチェ77(1988)年8月のある日、偉大な金正日総書記は現地指導の際、''美術アトリエセンター・マンスデ創作社''のある美術家が現場で創作したユニークな形式の美術作品を見ました。

実物の宝石のように画面から光沢があふれ出る美術作品は、闡明で柔らかく、優雅な色彩の響きあい、繊細かつ精巧な技法と多様な材料の組み合わせによる不思議な装飾の効果などユニークな絵画および工芸の手法の有機的な結合によって見る人に深い情緒を与えていました。

金正日総書記は作品がとても素晴らしいと言って、新しく創造した絵画形式を朝鮮宝石画と命名し、新しい絵画のジャンルとして発展させるようその方向付けをしました。そして、創作チームも組みました。その時から朝鮮宝石画は独自の絵画形式としてのしっかりした地位を占め、新しい発展の道に入りました。

チュチェ86(1997)年春、総書記は新しく創作された朝鮮宝石画を見ました。作品の1つ1つを高く評価した総書記は、朝鮮宝石画の質的感覚は、ある意味では朝鮮画や油絵にまさるとも劣らないようだ、「ふじと子犬」のような作品で子犬の毛の質的感覚は宝石画でなくては解決されない、と言いました。

その後、朝鮮宝石画創作チームは金正日総書記の気高い意に則り、国宝級の多くの作品を世に送り出しました。「天才的な軍事戦略家である百戦百勝の鋼鉄の総帥金日成大元帥」、「雪が降る」、「ペクトゥ山の虎」、「水に魚が集まる」、「ソベクスの冬」、「2月のテドン川」などの作品は、どれもが実感が沸き、民族の香りが広がる国宝級の作品です。

朝鮮宝石画は今、世界の美術界に大きな波紋を投じています。

ある有名な美術家は朝鮮宝石画を見た感動をこうしたためました。
>「私は世界にないユニークな朝鮮宝石画にすっかり心を奪われた。金正日国防委員長が芸術の天才であることを改めて痛感した。見れば見るほど素晴らしい。総書記の英知によってこの宝石画が生まれた」

民族の富、自慢である朝鮮宝石画は朝鮮労働党の正しい導きの下、朝鮮人民の大きな自負心、燃えるような祖国愛、美しい情緒と楽観が凝縮されたものとして、チュチェの美術の宝庫を豊かにするでしょう。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180112008_215.jpg,wrap,76x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180112008_217.jpg,wrap,177x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180112008_218.jpg,wrap,258x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180112008_219.jpg,wrap,162x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180112008_234.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[万寿台創作社]]、[[朝鮮宝石画「鳩の舞」]]
LEFT:[[朝鮮画>た行#aa27f598]]、[[万寿台創作社]]、[[朝鮮宝石画]]、[[朝鮮宝石画「鳩の舞」]]、[[朝鮮宝石画「将軍星に従って祖国へ」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2018.02.11)
//180217_偉人の下で生まれた朝鮮宝石画
//180223_偉人の下で生まれた朝鮮宝石画
//180309_偉人の下で生まれた朝鮮宝石画


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS