#author("2020-05-06T14:26:06+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-05-22T17:54:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
*信念の強者を育んで [#r8621f65]
信念は自分の思想と偉業を固く信じて疑わないこと、そのために命をも捧げる確たる決心と覚悟に満ちた純潔な思想感情です。敬愛する最高指導者金正恩委員長はこの信念を一番大切にしています。

チュチェ105(2016)年4月にあったことです。この日、金正恩委員長は信念のことについて話しました。金正恩委員長は、われわれはペクトゥ山((白頭山(백두산)))で切り開かれたチュチェの革命の道をあくまで進むべきだとし、その道だけが国と民族の運命を守り、朝鮮人民に子孫万代の幸福と繁栄をもたらす道だ、チュチェの革命の道をあくまで進むためには信念が強くなくてはならないと言いました。

金正恩委員長のその言葉は自分の偉業の正しさを実生活の体験を通じて確信した人はいかなる試練にぶつかっても動揺したり、悲観したりせず、ひたすら革命の道一筋をしっかり歩むということを悟らせるものでした。今、朝鮮人民の胸には金正恩委員長がいて、チュチェの革命偉業は必ず勝利し、今日の幸せも、明日の希望も約束されるという信念が深く根ざしています。

数年前、カンウォン道((江原道(강원도)))の人たちはなにもかも不足し、厳しい中でも自力更生の革命精神で労働党時代の記念すべき創造物である''ウォンサン軍民発電所''を立派に建設しました。建設の日々、カンウォン道の人たちの胸に深く根ざしていたのは労働党の言う通りにすればやり遂げられないことなどないという固い信念でした。カンウォン道の人たちはその固い信念を持って、発電所のダムを築き上げたのです。

チュチェ105(2016)年12月、現地を訪れた金正恩委員長はウォンサン軍民発電所のダムを見てはまた見て、私には発電所のダムが党とあくまで運命をともにしようとの朝鮮人民の信念の障壁、党の周りに千万の人民が渾然一体をなした不抜の威力の高さに見えると言いました。カンウォン道の人たちは革命勝利を確信して発電所だけでなく、道内のすべての懸案を自力で解決していきました。そのなかで国中の人民を社会主義強国建設へと力強く呼び起こす''カンウォン道の精神''が生まれたのです。

今、労働党の周りにはカンウォン道の人たちのような信念の強者が固く結集しています。

チュチェの革命偉業に対する固い信念を持つ人民がいるので、共和国は力強く前進しているのです。

(今日の朝鮮)

#ref(ike200410040_002.jpg,wrap,180x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[カンウォン道の移り変わり]]、[[高い評価(元山軍民発電所)]]、[[高い電力生産の成果で実行する]]、[[深い信頼が生んだ時代の精神]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.05.05)
//200521_信念の強者を育んで



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS