#author("2020-02-24T11:44:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
*伝統の遊び、鳳山仮面遊び [#e6f4db68]
朝鮮民族の伝統の遊びに、''ポンサン仮面遊び''と言うものもあります。仮面をかぶって踊り楽しむ遊びです。

仮面は、紙や木、ふくべなどでつくりました。各地方の仮面遊びの中でもポンサン仮面遊びが有名でした。

昔からファンヘ北道((黄海北道(황해북도)))のポンサン((鳳山(봉산)))は北と南を結ぶ道路が発達して、外国の使臣を迎接する催しがしばしば行われ、商品流通の中心地でもありました。ということでポンサン仮面遊びは古い歴史と豊かな内容を誇るものに発展しました。

ポンサン仮面遊びは踊りと歌、台詞からなっています。仮面遊びは主に農閑期(のうかんき)と祭日に楽しみました。先ず「道遊び」から始まりますが、チャンセナプという笛と太鼓など伝統の楽器を演奏する楽師を先頭に、色々な仮面をかぶった人たちが列を成して村を回りました。

日が暮れると色々な芸と綱渡りで興をそそり、仮面踊りを踊りました。腐敗し切った封建支配層と僧侶を風刺するもので、仮面は封建官僚など人間の顔を描いたものが多く、動物の顔の形に作ったものもありました。

ポンサン仮面遊びは台詞と歌、踊りもあって、とても人気が出ました。特に、伝統のリズムに合わせてチョゴリの袖を振る独特で躍動的な踊りは、仮面遊びの内容を引き立て、実に印象的です。

今、ポンサン仮面遊びは現代感覚に合わせて立派に完成され、朝鮮の伝統の遊びを豊かにしています。
//IKE130907002_12.jpg
//IKE130907002_22.jpg
//IKE130907002_32.jpg
//IKE130907002_42.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
LEFT:[[ポンサン仮面踊り]]、[[ポンサン仮面踊りが伝える話]]、[[伝統の仮面踊り―ポンサン仮面踊り]]、[[民族文化遺産の仮面]]、[[朝鮮画「仮面と話し合う乙女」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS