#author("2017-04-01T11:34:28+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民愛はビールにも [#o636834b]
共和国で''テドンガンビール''((大同江ビール(テドンガンビール、大同江麦酒、대동강맥주)は、朝鮮半島のビール。北側(朝鮮民主主義人民共和国)だけでなく南側(大韓民国)でも愛飲されている。朝鮮半島北部最大級の川である大同江が流れる平壌市に、大同江ビールの工場がある。大同江ビールは、平壌市に200店舗(2005年)ある「大同江ビアホール」(大同江ビール工場直営)に置いている他、平壌高麗ホテル、玉流館、ソウル市の飲食店などに置いている。市民に上質のビールをという、金正日総書記の思い入れがある、別名「『アツい』ビール」。'''(Wikipedia)'''))はとても人気があります。爽やかで独特な味で誰もが好むこのビールにも偉大な金正日総書記の熱い人民愛が秘められています。

チュチェ89(2000)年8月、''軽工業製品展示会場''を訪れた金正日総書記はピョンヤンビールに注目しました。同行した人が、ビール工場の生産実態、ビールの供給状況について報告しました。

思案にくれていた総書記は先端設備の大規模なビール工場を新築するのがよいと言いました。そして、人民のためなら何も惜しいものはない、これまでのビールよりもっと良質のものを生産する工場を新築しようと言いました。

その後、総書記は工場の用地も見立て、工場の建設に深い関心を払いました。こうして立派なビール工場が建てられました。テドンガンビール工場です。

工場の''キム・グァンホ課長''はこう語ります。
>「2002年6月17日、偉大な金正日総書記は新築されたテドンガンビール工場を訪れ、とても格好いいと満足げに述べました。そして、各工程を見て、ビールは何より味だ、人民に尽くす精神でビールの質を高めるようにと教えました。工場では人民の好みに合う純粋で爽やかなビールを生産しようと技術更新に励んできました。その日々に人民になじみの工場となりました。テドンガンビールと言えば国中に知られていますからね」

工場ではビール固有の味を生かす研究と新製品の開発に力を入れています。国内の大麦やホップに合わせて質指標を確定し、先進技術を取り入れ、新製品を開発してテドンガンビールの質をずっと高めました。

今もテドンガンビール工場の従業員は、人民に尽くす一念に燃え、もっと良質のビールの生産に努めています。
//IKE130903001_12.jpg
//IKE130903001_22.jpg
//IKE130903001_32.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
LEFT:[[誰もが好んで飲むテドンガンビール]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS