#author("2018-10-12T07:21:56+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民に支持される朝鮮労働党 [#j2f56a68]
朝鮮人民の全ての勝利の組織者であり、導き手である朝鮮労働党はチュチェ34(1945)年10月10日に創立されました。その時から73年が過ぎました。では特集をお送りします。先ず、音楽に乗せてのお話です。

**母なる党に捧げる歌 [#h197bcbd]
百戦百勝の導きで強国の新時代を開く朝鮮労働党を称える歌が10月の空に高らかに響き渡っています。朝鮮人民誰もが心から歌う名曲「母なる党に捧げる歌」です。

>恵みのその手 日差しのように差し込み&br;
優しいその手 旗のように導く&br;
力みなぎるこの国朝鮮 一番強い&br;
あ 偉大な母 朝鮮労働党&br;
感謝の思い込め 親しく呼んでみる

朝鮮労働党は革命を導いて勝利と栄光の歴史をつづり、人民の皆を暖かく包み込んで、その運命を守り、尽きない力と情熱で人民の尊厳を轟かせました。「母なる党に捧げる歌」、この歌は勝利一路をたどってきた朝鮮人民が朝鮮労働党に捧げる心からの感謝の歌です。

優れたリーダーシップで朝鮮を導いてきた朝鮮労働党の最も偉大な業績は、強大な朝鮮を建てたことです。かつて、国力が弱かったので、列強の角逐の場に、日帝の植民地に成り下がった朝鮮が今、政治、思想の強国、チュチェの青年強国、軍事強国として、国威と人民の尊厳を世界に轟かせています。

これは、朝鮮労働党の優れた導きの賜物です。「母なる党に捧げる歌」、この歌は、朝鮮労働党の導きに忠実に従う朝鮮人民の強い意志が込められた永遠の勝利の歌として高らかに響き渡るでしょう。

エッセーをお送りします。

**人民の心に秘められた10月 [#n682abeb]
朝鮮労働党が創立された10月を迎え、人民は労働党に対する深い信頼の念に包まれています。10月を迎える人民の思いは格別のもので、朝鮮労働党の創立が宣言された70数年前の喜びが今更のようによみがえります。歴史のその日に湧き上がった万歳の歓呼は、あくまで党についていく人民の誓いの表れでした。その誓いを立てて、人民は新しい国づくりに尽力しました。

金日成主席によって分け与えられた自分の土地で農作をした農民たちは、国に尽くす思いで穀物献納運動に参加し、工場の主人となった労働者たちは増産運動で新しい国づくりに励み、知識人は知識と才能で国と人民に貢献しました。厳しい時も、苦しい時も人民と運命を共にする党、ひたすら人民の利益のために、明るい未来目指して闘う朝鮮労働党のためなら、血も汗も惜しみなく捧げたい人民の思いでした。

その熱い思いは、厳しい祖国解放戦争で勝利を収め、戦後の廃墟からチョンリマ時代という飛躍の時代をもたらしました。偉大な金正日総書記が朝鮮労働党中央委員会で活動を始めた時、人民は大きな感激に包まれました。歴史のその日から、朝鮮人民は総書記について革命の遠い道を進みました。自分の力と技術で作った人工衛星が成功裏に打ち上げられ、コンピューター数値制御技術が達成され、モニュメントとなるプロジェクトが次々と完成しました。この変革は、党の周りに一丸となった人民の精神力によるものでした。

指導者に従うその清らかな心は今に受け継がれ、人民は敬愛する最高指導者金正恩委員長の導きの下、社会主義強国建設に励んでいます。国の至るところで大高揚の炎が燃え上がり、世紀を縮める目覚しい現実が広がっています。朝鮮労働党に運命も未来も委ねている人民の熱い思いによって、今、マンリマ時代という大繁栄の時代を迎えています。人民皆の胸の奥には、一番偉大な党があるという限りない誇りがあります。

そのとおりです。朝鮮労働党の歴史は、党に対する人民みなの絶大な信頼と衷情の歴史です。

人民が慕い、信頼する朝鮮労働党は永遠に勝利するでしょう。

**母なる党 [#h46584f6]
朝鮮の女性たちの心の声を聞いて見ましょう。

ピョンヤン市((平壌市(평양시)))チュン区域((中区域(중구역)))に住む''チョ・オクラン''さんと''リャン・チュンラン''さんのお話です。
>「朝鮮労働党は常に母の姿で人民の心の中に深く刻まれています。それで、人誰もが世界に母と呼ばれる党は朝鮮労働党だけだと、誇りに満ちて言っています」

>「母なる党の下で、人民皆が同じ家族のように睦まじく暮らしています。労働党に運命を委ねている人民なので、一様に話しています。お母さん、あなたなしには生きられません、とです」

人民がなぜ朝鮮労働党をそれほど深く信頼し、慕うかについての話があります。数年前、北部国境沿いのラソン((羅先(라선)))が水害に見舞われた時のことです。

飛行機、車、船に乗り継いで被災地に着いた金正恩委員長は復旧状況を見聞きして、金日成主席と金正日総書記が生涯、天のように見なした人民の運命を責任持って暖かく顧みるのは朝鮮労働党の本分である、人民のためのことで満足感を覚えてはならない、と言いました。

そして、わが党は人民のために奉仕し、人民により幸せで豊かな生活を保障するために闘う党である、ラソン市の被害復旧は単なる自然災害の爪痕をなくすためのことでなく、人民の胸の中に大切にしまわれた党に対する信頼を守る聖なる闘いだ、と言いました。

その後、災害の爪痕が跡形もなくなくなり、新居入りで喜んでいる時、国中の人民は金正恩委員長の言葉を思い起こし、母なる党の呼び名の意味を深くかみ締め、一番偉大な恵み深い愛情はその下で生まれるということを痛感しました。

人民が心の中から上げた「朝鮮労働党万歳!」の声は、母なる党に送る感謝の挨拶、党に従う信念の誓いでした。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180915004_101.jpg,wrap,192x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180915004_105.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2018.10.09)
//181010_人民に支持される朝鮮労働党


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS