#author("2019-09-02T18:09:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
*龍南山での誓い [#l719f61e]
56年前のチュチェ49(1960)年9月1日、偉大な金正日総書記は朝鮮を輝かす大志を抱いて、チュチェの教育の最高学府である''金日成総合大学''&note{金日成総合大学:金日成総合大学(김일성종합대학)};に入学しました。歴史のその日、総書記は大学の構内にある''リョンナム山''&note{龍南山:龍南山(룡남산)};に登りました。

朝日が昇る丘に立った総書記は、朝鮮革命に責任持つ主人となって金日成主席の偉業を代を継いで引き継ぐのは時代と革命、国と人民に対するわれわれの崇高な義務だと言いました。

そして、偉大な太陽の国、朝鮮を末永く輝かそう、これが私のゆるぎない信念、意志だと力を込めて言いました。しばらくして、総書記は厳かな面持ちで、主席の思想を学び、代を継いで朝鮮を輝かせる鉄のような信念の誓いを詩に込めて詠じました。

>朝日昇る リョンナム山&br;
三千里国土が 胸に迫る&br;
この地で主席の 思想学び&br;
朝鮮革命になう 主人になろう&br;
あ 朝鮮を 輝かそう&br;
…

朝鮮を輝かそう!

嵐を突いて朝鮮革命とチュチェの革命偉業の最終的勝利を必ずもたらそうとの総書記の誓いは、国と革命に対する信念の誓いでした。総書記は朝鮮革命を担った使命感を持って、その日の誓いを守って生涯を尽くしました。

100年間にわたる労働者階級の思想の歴史を全面的に分析し、総括した総書記は、主席の革命思想を金日成主義に定義付け、全社会の金日成主義化を朝鮮労働党の最高の綱領と宣言しました。

そして、偉大な先軍政治を全面的に確立して、主席がもたらしたチュチェの社会主義を固く守り、チュチェの革命偉業、先軍革命偉業の代をしっかりと引き継がせました。

実に、総書記の生涯はチュチェの赤旗を高く掲げて、国と民族の尊厳と栄誉を世界に轟かした貴い革命生涯でした。

RIGHT:'''2016年の記事'''
#br
----
//*リョンナム山での誓い2
//(偉人伝 2019.08.31)
チュチェ49(1960)年9月1日、偉大な金正日総書記は''金日成総合大学''&note{金日成総合大学:};に入学しました。

総書記はチュチェ48(1959)年1月のある日、長い歴史を持つある国の大学を見たことがありますが、これが金日成総合大学で勉強する決心を固めた契機となりました。

その時、総書記は案内人から高級中学校を卒業したら自国の大学に留学することを誘われました。総書記はわが国には立派な金日成総合大学があります、私は金日成総合大学で勉強するつもりです、と答えました。

この日、総書記は随員たちにこの国の大学を見て、金日成総合大学で勉強する自分の決心がさらに固くなったと言いました。

在学中に金日成主席の革命思想を完璧に身に付け、朝鮮革命を担う主人としての資質と準備を完成する、まさにこれが総書記の意図であり、決心でありました。

総書記は質素な制服に普通のカバンをさげて初日の登校をしました。この日、学生たちと共に''リョンナム山''&note{龍南山:};の頂に登った総書記は、朝鮮革命を担う主人となって主席の偉業を受け継ぐのはわれわれの崇高な任務である、朝鮮を万代に末永く輝かせるのは自分の揺ぎ無い意志だと宣言しました。

続いて自分の決心と雄志が込められた詩「朝鮮を輝かそう」を詠じました。

>・・・&br;
世界に輝く太陽の偉業&br;
代をついで成し遂げよう&br;
チュチェの光 宇宙みなぎり&br;
共産主義めざし 進み行こう&br;
あ 朝鮮 わが朝鮮

これは金正日総書記が国と民族に立てた歴史の厳かな誓いでした。

(偉人伝)

#ref(ike190802003_210.jpg,wrap,183x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[金日成総合大学]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//190901_リョンナム山での誓い2


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS