#author("2021-06-16T18:47:26+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-06-20T17:03:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
*その日の誓い [#q3d96b66]
チュチェ53(1964)年6月19日、偉大な金正日総書記は朝鮮労働党中央委員会で活動を始めました。

''社会科学院''の''チャン・ウンイル''主任のお話です。
>「金正日総書記は党中央委員会で活動を始めた初日、執務室で夜を明かしました。早朝、幹部たちと共に庭園に出た総書記は党中央委員会の庁舎の上になびく赤旗を眺めました。総書記は、朝鮮労働党の歴史は赤旗と共に歩んできた最も栄光に満ちた輝かしい歴史で、党の旗には金日成主席の偉大な革命活動の歴史がそのまま映えていると言いました。そして、これからはわれわれがあの赤旗を高くなびかせるべきだ、われわれは革命の前途にいかなる困難が立ちはだかろうと革命の赤旗を高く掲げ、主席の偉業を実現するため力強く闘わなければならない、と言いました」

この日、金正日総書記は朝鮮労働党は今までと同様、これからも永遠に変わりなく栄えある金日成同志の党に発展すべきだとし、朝鮮労働党を永遠に金日成同志の党に発展させるのが自分の一生の課題だ、と言いました。

朝鮮労働党を永遠に金日成同志の党に!

これは、金正日総書記が朝鮮労働党の赤旗に刻んだ厳かな誓いでした。その誓いを胸に、金正日総書記は朝鮮労働党の発展のため全てを尽くしました。朝鮮労働党の創立者である偉大な金日成主席の名と業績は朝鮮労働党の歴史と共に末永く輝いています。

6月19日は、80年近くの朝鮮労働党の歴史に栄光の日として印されています。

(フィーチャー)

#ref(ike210514004_001.jpg,wrap,213x120)

RIGHT:'''2021.06.15の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.06.15)
//210619_その日の誓い



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS