#author("2022-05-25T20:01:49+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(WCSVOwpLn3E)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220524夕方の放送、9650kHz、11865kHzで受信

-[[2022.05.23>https://youtu.be/yjd8ArVZngs]] -- 220523夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.22>https://youtu.be/xBo_XuaDqR0]] -- 220522夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.21>https://youtu.be/3WMRB8-JBjw]] -- 220521夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.20>https://youtu.be/G4-IT76enmM]] -- 220520夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.19>https://youtu.be/9tHSaphTQIU]] -- 220519夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.18>https://youtu.be/aCq1ocJ3UmM]] -- 220518夕方の放送、9650kHzで受信

----
**民間芸術団体―社堂牌 [#me01422c]
社堂牌は朝鮮封建王朝(1392年~1910年)時代、都市と農村を対象に活動した歌と踊りを専門とする民間芸術団体であった。社堂牌とはクァンデ(仮面劇、人形劇、パンソリなどの俳優)らの群れという意味である。昔、朝鮮には俳優という言葉がなく、彼らをクァンデと呼んだ。社堂牌はそのクァンデたちの組織であり、彼らの踊りを社堂舞と呼んだ。社堂牌は封建文化が発達していた15~16世紀に形成されたものと見られる。社堂牌活動の全盛期は17~18世紀であったが、その活動範囲は平安道、黄海道、京畿道、忠清道、慶尚道、全羅道などの広範な農村と都市であった。19世紀に入って新たなパンソリ名歌手らの活動が活発化し、20世紀初に朝鮮を占領した日本帝国主義が民俗行事と集団的な集いを弾圧したため、仕方なく農村を巡り歩きながら農民たちが寄付する小銭に依拠した。社堂牌メンバーのほとんどが貧しさと苦役の中で生きる道を求めて集まってきた農民出身の芸能人やその子孫であった。従って、彼らは封建支配層のあらゆる蔑視と迫害を受けた。社堂牌は一つの集団の中で男女が共に暮らすので「重犯」という内部規律が非常に厳しかったし、それを違反した場合は追い出されたりした。社堂牌の踊りと歌は主に勤労する農民の思想感情と志向を反映したもので、両班(李朝時代の特権階級)支配層の腐敗した無能と封建社会の脆弱さを暴いたものであった。社堂牌は人民的歌謡と踊りを元にして歌と踊りを専門的な舞台芸術の一つに発展させるのに寄与し、朝鮮の民族文化と良風美俗の発展において様々な肯定的な役割を果した。&br;
'''(Naenara 2022.05.23)'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
----
「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS