#author("2022-06-08T20:01:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
*労働党時代にふさわしい工場 [#ae674725]
チュチェ102年、2013年6月7日、敬愛する金正恩元帥が''ピョンヤン基礎食品工場''を訪れました。

原料の投入から包装にいたるまですべての工程がオートメ化されているだけでなく、クリーンな生産環境、労働者の立派な生活環境が作られている工場のいたるところで元帥は、この工場はまさに労働者のすばらしい宮殿、労働党時代にふさわしい工場、愛国主義がみなぎる工場だと高く評価しました。

この工場で生産される醤油と味噌、''味の素''などの基礎食品は美味しく栄養価の高いことで評判です。ピョンヤン基礎食品工場にはひたすら、人民のために尽くしたペクトゥ山の不世出の偉人たちの足跡がそのまま刻まれています。

チュチェ57年、1968年11月、偉大な金日成主席は操業して間もない工場を訪れて生産の実態について見聞きし、醤油や味噌の需要を満たすには、その生産量を増やすべきだと教えました。人民の食生活にいつも深い関心を払っていた金正日総書記も何度となくこの工場の現代化について教えました。

主席と総書記の熱い人民愛をそのまま引き継いだ敬愛する金正恩元帥はピョンヤン基礎食品工場の運営の実態について何度も聞き、発展する時代に即して工場を現代化するために正しく導きました。

工場の支配人、つまり責任者の''リ・グンイル''さんのお話です。
>「寝てもさめてもお会いしたかった金正恩元帥が前触れもなく工場を訪れました。率直なことをいいますと、味噌、醤油など基礎食品に対する金日成主席と金正日総書記の関心は格別のものでした。それは醤油と味噌が朝鮮人民の食生活になくてはならない大事なものだからです。この日、元帥は工場の各所を見て、本当に立派なつくりだ、すばらしい、と高く評価しました。その時の感激をどう表していいか分かりません」

この日、金正恩元帥は工場で生産される醤油、味噌の味も見、その質を高めるにはそれについての技術上の難題を解決しなければならないと言いました。そして醤油、味噌の生産で人民の好みに合わせてその種類をもっと増やし、容器も使いやすく多用に作らなければならないと教えました。

これまで工場では日増しに増える人民の需要を満たすためには一日も早く工場を現代化すべきだといった主席と総書記の意志通り、今の時代にふさわしく工場を一新させ、技術改造にも力を入れてきました。そして技術者と労働者に働きかけて工場の力と技術で生産工程全般の現代化を短期間に終える成果を収めました。

主任技師の''ソン・ヒョンチョル''さんのお話です。
>「敬愛する金正恩元帥は工場の技術者、労働者たちがしたことについて詳しく聞き、これです、われわれの科学者、技術者が決心すればこのように現代的な設備を作って生産工程を立派に整えることが出来ますと高く評価しました。私たちは自分の力を信じて決心すれば出来ないことがないということを実践を通して体得することが出来ました」

この日、労働者、技術者の創意工夫に訴えて新築した食用油、味の素、食塩、ビタミンEの生産工程と包装工程を見た元帥は生産工程全般のオートメ化、無人化が高い水準でできている、ととても喜びました。そして科学技術図書室、電子図書室とサービス施設も見て、この工場はまさに労働党の政策がそのまま具現された労働党時代にふさわしい工場だと高く評価しました。

ペクトゥ山の不世出の偉人たちの深い関心の下で一新したピョンヤン基礎食品工場の従業員みなは「''マシク峰速度''」を創造した人民軍軍人たちの精神、その気概でもっとたくさんの基礎食品を人民に送るため励んでいます。
//IKE130608004_12.jpg
//IKE130608004_22.jpg
//IKE130608004_32.jpg
//IKE130608004_42.jpg
//IKE130608004_52.jpg
//IKE130608004_62.jpg
//IKE130608004_72.jpg
//IKE130608004_82.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
LEFT:[[速度(スローガン)]]&br;
''平壌基礎食品工場'':[[一番幸せな時]]、[[基礎食品の生産を増やしている]]、[[先に訪れたのは]]、[[全人民科学技術人材化の構想]]、[[総合的な基礎食品工場]]、[[託児所に溢れる子供達の笑い声]]、[[何より大事なのは]]、[[人気ある基礎食品]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//130731_労働党時代にふさわしい工場


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS