#author("2022-05-20T19:43:08+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-05-26T20:44:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(9tHSaphTQIU)
#u2b(gV0ZPp_YVxw)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220519夕方の放送、11865kHzで受信
220525夕方の放送、11865kHzで受信

-[[2022.05.18>https://youtu.be/aCq1ocJ3UmM]] -- 220518夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.05.17>https://youtu.be/myj4iOcNsis]] -- 220517夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2022.05.16>https://youtu.be/958AOEk69Fk]] -- 220516夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.15>https://youtu.be/TEC-xSr--yo]] -- 220515夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.14>https://youtu.be/EtEQ-IFPw4I]] -- 220514夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.13>https://youtu.be/pMuAhFN6cIk]] -- 220513夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.24>https://youtu.be/WCSVOwpLn3E]] -- 220524夕方の放送、9650kHz、11865kHzで受信
-[[2022.05.23>https://youtu.be/yjd8ArVZngs]] -- 220523夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.22>https://youtu.be/xBo_XuaDqR0]] -- 220522夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.21>https://youtu.be/3WMRB8-JBjw]] -- 220521夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.20>https://youtu.be/G4-IT76enmM]] -- 220520夕方の放送、11865kHzで受信
-[[2022.05.19>https://youtu.be/9tHSaphTQIU]] -- 220519夕方の放送、11865kHzで受信

※ミサイルについての言及無し
----
**ウリ看護婦 [#ycb413d3]
慈江道雩時郡人民病院の看護婦長リ・ウンスクさんには複数の呼称がある。ウリ(われわれ)担当看護婦、ウリお母さん、ウリ看護婦長等々。同病院の多くの患者はベッドに近寄る彼女の体臭を感じ、体調の具合はいかがですかという声を聞いても今すぐ病気が治りそうだと話している。看護婦こそ最も熱い人間愛の体験者にならなければない。それは看護婦が人間の健康と生命を見守るべき責任を負っているからである。患者は看護婦の手から、看護婦の顔色から自分の病状を推し量り、社会主義保険制度の真の姿を感じ取る。そのため、看護婦の手は誰よりも暖かく、印象は常に明るく朗らかでなければならない。これは40年間、看護婦に勤めながら彼女が心に刻み、自ら実践に具現してきた生の信条である。数年前、看護婦学校を卒業して病院に配属されたばかりの一看護婦が彼女に、どうして数年でもなく一生看護婦に勤めることができたのか、と聞いたことがある。彼女はこう答えた。「入院していた患者が完治して笑顔をたたえ、病院を出る姿を見ながら感じる誇りと生き甲斐はどこにもたとえようがない」 彼女にとって患者は実の父母、実の兄弟、実の息子、娘であった。20余年前の春、同病院の小児科に一子供が入院したことがあった。当時、子供の病状は危篤であった。多くの人々を看護してきた彼女であったが、子供の患者は始めてであった。幼い息子の病状にまごまごしながら、本当に治せるのかと涙をたたえて聞く母親の姿が心を打った。当時、彼女も二人の子持ちの母親であった。(もし、あの子がわが子であるなら・・・) ふと、医師であった母親のことが思い出された。母親は常に、保健医療従事者にとって最も大切なのは人間に対する熱い愛と患者への限りない真心であると、言っていた。自信を持って患者の看護に取りかかった彼女には昼と夜が別になかった。幼い患者の甘えやただも快く受け入れ、温かく愛撫してやる姿は実の母親の姿そのままであった。彼女の熱い愛情により、あの子は数十日後に病気を治して退院した。彼女はこれまで、数十回にわたって生死の境をさまよう患者に自分の血をためらうことなく捧げた。国際看護婦デー(5月12日)を迎え、リ・ウンスク看護婦長をはじめ、朝鮮のすべての看護婦に敬意を表する。&br;
ヤン・リョンヒ&br;
'''(Naenara 2022.05.19)'''
**功を奏するヤマナシ栽培方法 [#p4de4bfe]
ヤマナシは朝鮮のどこでもよく育ち、病害虫に耐える力が強くヘクタール当りの生産量の多い多収穫品種の果樹である。しかし、これまでヤマナシは採種に手間が掛かり芽生え率が非常に低いため、その栽培と肥培管理が難しいものとされていた。種子を少なく使いながらも成長の早いヤマナシの苗木を得ることができないだろうか、と苦心し思索を重ねてきた人がいた。彼は、苗木の根から台木の活着率を高めながらも複数の苗木を得ることができる新たな方法を編み出した平壌市農村経営委員会のキム・ミョンギル所長である。彼はヤマナシ苗木の科学的な栽培と肥培管理方法を編み出し、それを全国に広めることができる科学技術的土台を築いた。今、その栽培方法が現実に導入されて功を奏している。平壌市をはじめ農業研究院果樹学研究所、山林研究院の傘下単位で剪断根による台木生産方法をもって毎年、数万本のヤマナシ苗木を生産している。彼はこの先、博士の学位を取った。&br;
'''(Naenara 2022.05.18)'''
**在日朝鮮人運動の強化、発展のために [#ac13766e]
今から67年前のチュチェ44(1955)年5月25日、在日本朝鮮人総聯合会(総聯)が結成された。総聯の結成は主体的海外同胞運動の誕生を全世界に宣言し、在日同胞の運命の開拓において根本的な転換をもたらした歴史的な出来事であった。金日成主席は在日朝鮮公民が異国の地に住んでいても自分の祖国と民族のためにたたかい、日本の民主勢力との国際主義的連係を強めながらも主体的立場を確固と堅持し、祖国の統一と隆盛・発展のための愛国事業を展開するという方針を示し、革命発展の各時期、各段階に在日朝鮮人運動の強化、発展のためにあらゆる労苦と心血を注いだ。金正日国防委員長は在日朝鮮人運動が主席の指し示したチュチェの一路、愛国愛族の一路へと力強く前進するよう賢明に導いた。主席と国防委員長の主体的海外同胞運動思想と業績は今日金正恩総書記の指導によって立派に継承されている。総書記は2012年7月、総聯支部活動家大会の参会者に祝電を送り、総聯第23回全体大会に祝賀文を送って総聯がチュチェの海外同胞運動のモデル組織としての栄誉をとどろかしていくよう賢明に導いた。在日朝鮮人総聯合会結成60周年に際して送った綱領的な書簡「偉大な金正日同志の志を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていこう」は主席と国防委員長の主体的海外同胞運動思想と理論を全面的に集大成した在日朝鮮人運動の叢書であり崇高な同胞愛、民族愛の最高精華である。総書記は総聯と在日同胞にありとあらゆる愛情を傾けている。祖国に慶事があるたびに総聯の代用団を呼び寄せ、重要行事の幹部壇にもつかせ励ましの言葉をかけた。第14回全国教員大会に参加した総聯教育活動家代表団のメンバーと別途に記念写真をとり、在日同胞教育者の功労を高く評価した総書記の愛は人々の心を打っている。総書記の崇高な次世代観に支えられて在日同胞子女の民主的民族教育のために総聯に送る教育援助費と奨学金の歴史は連綿と流れている。総書記はこの4月、金日成主席の生誕110周年に際して総聯に''2億5118万円の教育援助費と奨学金を送った''。総書記は海外同胞の権益を守るための法律的保証もしっかりもたらすようにして在日同胞の運命と未来をあくまで責任をもって輝かせている。総聯の活動家と在日同胞は社会主義祖国は民族全てが抱かれて生きる懐であるという真理をさらに深く刻みつけ、異国の空に共和国旗を翻しながら愛国・愛族運動を力強く繰り広げることによって、海外同胞運動のモデルとしての総聯の威容を世界に轟かせている。&br;
'''(Naenara 2022.05.25)'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
----
「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS