短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220513夕方の放送、11865kHzで受信


太鼓舞

太鼓舞は、太鼓を打ちながら舞う踊りである。朝鮮人民は昔から各地方で様々な形態で太鼓を打ちながら踊ってきた。太鼓舞は、人民の生活と労働過程で体験した喜びを、太鼓の楽しいリズムによって反映している。朝鮮では、高麗時代から伝わってきた「舞鼓」(宮中舞踊として太鼓を床に置き、打ち鳴らしながら舞う踊り)と鳳山仮面踊りにおける法鼓舞(法鼓は取っ手のついた小さい太鼓として農楽器の一つである)など多様な形式の民俗的な太鼓舞が各地方で流行していた。舞台の片方に置いた大きな太鼓をかわるがわる打ちながら豊作を歌う両江道地方の「リョンブク遊び(竜の形が刻まれている太鼓を打って悪魔ばらいをしたら、豊作がもたらされるという)」、小さい太鼓を担いで拍子をとりながら、様々な動作で舞う咸鏡南道地方のドゥレ遊びでの「太鼓舞」などがその実例である。解放(1945.8.15)後、朝鮮の伝統的な太鼓舞の形式は新たに発掘、整理されており、様々な形式の舞踊作品に形象化された。朝鮮農民の生活感情を形象化した群舞「豊年祝い」、独舞「太鼓舞」などは、美しい舞踊リズムと多様な拍子を調和よく結び合わせて発展させた優れた太鼓舞である。
(Naenara 2022.05.13)

渭原工業開発区

位置:慈江江渭原
面積:2. 3km2
業種:鉱物資源及び木材、土産加工、機械設備製作、蚕業及び淡水養魚の科学化の研究渭原工業開発区は鴨緑江の支流である渭原江と中国の吉林省集安市対岸の渭原郡コジン里の一部地域、徳岩里の一部地域が属する。現在、開発地帯とその周辺に金属珪素と珪素鉄を生産する金属珪素工場がある。開発区は、中国の吉林省と通ずる渭原国境通過地点から20km、満浦国境通過地点から80km、中江国境通過地点からは180kmあって出入り国通路と物資の輸送で有利な条件を持っている。開発に有利な物質的条件を裏打ちする豊富な地下資源、木材資源がある地域に水力資源に依拠した鉱物資源及び木材加工と土産加工、機械設備の製作を基本としながら蚕業及び淡水養魚の科学研究を結びつけた工業開発区の建設を計画している。
(Naenara 2022.05.13)

数十余ヘクタールの野生果実林を造成

平壌市江東郡で野生果実林の造成に力を入れている。春季に入って郡では80余ヘクタールの面積にチョウセンゴヨウ、栗、アロニアをはじめ8種の12万余本の果実の木を植えた。郡では適地を定め、腐植土の入れ、栽植、散水など工程別作業を科学技術的に行って野生果実苗の活着率を著しく高めた。結果、郡では計画した野生果実林の造成を短期間に質的に締めくくった。
(Naenara 2022.05.12)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS