短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220506夕方の放送、11865kHzで受信

※公式サイトに中々繋がらない・・・


女性と赤ん坊の生命のために

2022年は国際助産婦連盟創立100周年に当たる年である。助産婦はお母さんと赤ん坊の生命と健康の直接の担当者である。子供が健康に育ち、人々が幸せな生活を享受しているのは助産婦の献身的な努力を離れて考えられない。国際助産婦連盟はこれまで100年間の成果を引き続き強固にし、次の100年が助産婦と女性、赤ん坊、全ての人がさらに記念すべき年にする目的で今年の国際助産婦の日(5月5日)のテーマを「進歩の100年!」に定めた。朝鮮で助産婦は中央から地方に至るまで整然として立てられた医療サービスシステムの中で産科医師とともに治療に参加する一方、妊産婦と赤ん坊の生命を保護するため真心を尽くしている。助産婦は妊産婦に対する定期的な検診を行って妊娠の正常な経過と合併症、随伴症のような危険症候を早期に診断し、それに伴う適合した医療サービスと産前教育、衛生宣伝、良質の出産管理、産後管理を行っている。これとともに、三つ子を妊娠している女性とその疑診者を探し出して女性と赤ん坊の生命を保証している。この4月に平壌産院で522番目の三つ子が健康な体で退院した。妊産婦に対する真心と素晴らしい実技能力を備えた助産婦によって妊産婦と赤ん坊の死亡率は減っている。朝鮮では助産婦の教育にも大きな力を入れている。中央と各道に立てられた助産婦教育及び養成システムによって国際的基準に合う助産理論と実技能力を備えた助産婦たちが育っている。特に、異常妊娠と異常出産、婦人科疾患など異常妊産婦に見られる症候とその管理内容に対する教育、さまざまな臨床模擬実習と臨床実習教育を着実に行っていかなる助産状況の下でも独自、巧みに対処できる資質と能力を養っている。朝鮮では、保健医療部門で長い間勤務しながら女性と赤ん坊の生命と健康のために献身した助産婦を大いに押したて広く紹介、宣伝するなど助産婦優遇対策を実施している。
(Naenara 2022.05.05)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS