2020年05月12日ニュース抜粋

敬愛する最高指導者金正恩同志の朝鮮労働党委員長推挙4周年の共同声明をスイスの各団体が発表しました

3日、敬愛する最高指導者金正恩同志の朝鮮労働党委員長推挙4周年に際して、スイスのペクトゥ山の偉人称賛の国際祭典組織委員会、朝鮮委員会、チュチェ思想研究会が共同声明を発表しました。

声明は、金正恩同志が2016年5月、朝鮮労働党第7回大会で朝鮮労働党委員長に推挙されたとし、金正恩委員長は金日成主席が切り開き、金正日総書記が勝利の内に前進させて来たチュチェの革命偉業の忠実な継承者だと述べました。

そして、金正恩委員長の優れた導きの下、朝鮮は政治・思想の強国、軍事強国の威容を世界に示している、金正恩委員長は朝鮮半島と地域、世界の平和を固く守っている、傑出した指導者がいて、朝鮮の未来は明るい、金正恩委員長に最大の敬意を表する、と述べました。

祖国解放戦争勝利記念館に多くの資料が新たに発掘されて展示されました

祖国解放戦争勝利記念館に、昨年8月から今年4月まで110数点の資料が新たに発掘されて展示されました。

祖国解放戦争第4階段のコーナーには、チュチェ41(1952)年7月10日、偉大な金日成主席から拳銃を受ける偉大な金正日総書記を描いた美術作品が展示されました。

また、主席の写真入の表彰状をはじめ、数点の資料が新たに展示されました。

正規武力建設のコーナーには、「偉大な金日成主席の肖像画を掲げたピョンヤン学院の正門」の写真と朝鮮人民軍創建当時の軍人の誓いなどが新たに展示されました。

共和国英雄のホールには、チュチェ55(1966)年10月19日、パイロットたちと話を交わす主席の写真などの資料が付け加えられました。

軍事輸送のコーナーには、チュチェ40(1951)年3月26日、主席が直々制定した鉄道標識を始め、20数点の資料が補充されました。

この他にも、党政治活動、作戦、砲兵、工兵、後方の人民の闘いなどのコーナーに多くの写真が展示されました。

パク・ポンジュ副委員長がハムギョン南道の各部門の実態を現地で把握しました

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長の党中央委員会パク・ポンジュ副委員長がハムギョン南道の各部門の実態を現地で把握しました。

パク副委員長は、フンナム肥料連合企業所で、能力拡張の工事に総力を結集し、設備の集中補修を質的に行って肥料生産の課題をやり遂げ、いくつかの工事を早めに完成するための対策について述べました。

そして、2月8日ビナロン連合企業所、リョンソン機械連合企業所で生産状況を具体的に把握し、塩化ビニールなどの生産を増やし、特注設備の生産を早め、従業員の労働条件と生活条件の保障に力を入れることについて触れました。

現地では協議会が行われました。

パク副委員長はまた、クァンミョンソン製塩所に新築された新しい生産工程を見て、塩の生産を増やすための対策について協議しました。

キムチェク製鉄連合企業所で大型酸素分離機の設置が力強く推進されています

キムチェク製鉄連合企業所で大型酸素分離機の設置が力強く推進されています。

集計によりますと、この4月末まで圧縮機室と浄化及び予冷工程の各種設備の組み立てが全て終わり、分離機系統の鋼鉄構造物と各種設備の組み立ては終盤で捗っています。

全般的な工程の各種パイプの組み立てが本格的に進められている中、生産用建物と補助建物の仕上げ建築工事と残った設備の組み立て、動力及び自動化系統の工事が同時に立体的に行われています。

営農の水利化の実現で成果が収められました

各地の勤労者が農業経営の水利化の実現で成果を収めています。

ファンヘ南道ウンリュル郡では、貯水池の逆流揚水システムを完成するためのポンプ場と数キロメートルの用水路の建設を終えました。

ペチョン郡では30数箇所の灌漑構造物と排水閘門の水門の補修を行いました。

ソンファ郡をはじめ、その他の郡でも自力で数百台のポンプを生産しました。

カンウォン道ではムンチョン軍民発電所の用水路建設が推進され、百数十箇所の灌漑構造物の工事が同時に行われました。

ハムギョン南道では、40数箇所に及ぶクムヤ郡の用水路構造物の工事を終えました。

ハムギョン北道ではオラン郡の10数キロメートルの用水路の建設を終え、ヘリョン市の貯水池能力を拡張するための30万立方メートル以上の浚渫工事を短期間に終えました。

ファンヘ北道のサリウォン・トラクター部品工場、ナンポ市のカンソ区域灌漑管理所で1500台以上の降雨式散水機と各種揚水設備の部品、4000メートル以上のビニールパイプを生産したのを始め、各地で今年に入って数百キロメートル区間の用水路と90数箇所のポンプ場を建設し、5万箇所以上の地下水の施設を建設し、補修を行いました。

ピョンヤン医科大学で遠隔教育を絶えず革新しています

ピョンヤン医科大学で時代の発展に即して、遠隔教育を絶えず革新しています。

大学では学生が創意に富む思考力と観察力、判断力、想像力を養える20科目のコンテンツ690数編を製作しました。

また、実技を基本とする医学教育の特性に合わせて、各道の医科大学と病院で遠隔教育学部の学生の充実した実験実習を図る整然たるシステムも立てました。

関係機関との緊密な連携のもと、家庭でも講義が受けられる装置とプログラムの開発に次いで、学習資料を豊富にするために取り組んで、数十の科目の電子教材を製作しました。

2020.05.12の記事
 

ニュース抜粋2020


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-13 (水) 22:27:27