2019年03月11日ニュース抜粋

労働党と国家、軍隊の最高指導者金正恩委員長が最高人民会議代議員選挙に参加しました

※昨日と同じ

敬愛する最高指導者金正恩委員長の新年の辞がベラルーシで出版されました

敬愛する最高指導者金正恩委員長の歴史的な新年の辞がベラルーシのビテブスク市で出版されました。

出版記念会にベラルーシの雑誌「社会教育」編集部、ビテブスク国立獣医アカデミーの人と市民多数が参加しました。

太陽節記念タイ準備委員会が発足しました

太陽節記念タイ準備委員会が発足しました。

準備委員会は、太陽節に際して多彩な政治、文化のイベントを催すことにしました。

労働党と政府の幹部が各地の有権者と共に最高人民会議第14期代議員選挙に参加しました

労働党と政府の幹部が10日、各地の選挙区に出向いて有権者と共に最高人民会議第14期代議員選挙に参加しました。

キム・ヨンナム、チェ・リョンヘ、パク・ポンジュの各同志と友党の委員長は当該の選挙分区で最高人民会議代議員候補に投票しました。

労働党と政府の幹部は代議員候補と有権者に会い、国の富強繁栄のため愛国献身の精神を高く発揮してきたことを励まし、これからも人民政権を一層磐石の如く固め、社会主義建設の新たな進撃路を開くための総進軍で共和国公民の本分を全うするものとの確信を表しました。

最高人民会議第14期代議員選挙が有権者皆の高い政治的熱意の中、行われました

10日、最高人民会議第14期代議員選挙が行われました。

人民と人民軍将兵の皆は人民大衆中心の朝鮮式社会主義制度を磐石のように固めようとの思い一つで各投票所に集まりました。

祝日ムードに包まれている投票所は有権者の踊りや多彩な芸術公演で雰囲気がいっそう盛り上がりました。

投票が始まり、有権者の皆は代議員候補に愛国の一票、賛成の一票を投じました。

有権者皆の愛国の熱意の中、投票の日は有意義に飾られました。

科学技術殿堂で60万編以上の最新科学技術データを新たに構築しました

ピョンヤンの科学技術殿堂で、最新科学技術のデータ・バンクらしくデータ構築に力を入れています。

ここの研究者たちは、国家科学技術委員会をはじめ関連機関との緊密な連係の下、最近だけでも国の経済発展と勤労者の科学技術知識のレベルアップに役立つ60万編以上の最新科学技術データを新たに収集しました。

朝鮮聾者サッカー団が世界障害者スポーツ舞台に積極的に進出しています

朝鮮聾者サッカー団が国際競技に積極的に出場しています。

チュチェ103(2014)年5月29日に発足したサッカー団は、2014年12月のオーストラリアでのフレンドリーマッチで世界障害者スポーツ舞台にデビューした以降、何度もブラジルとオーストラリアなどでフレンドリーマッチと共同の練習を行いました。

その過程に選手たちの身体能力が著しく高まり、技術水準も改善されました。

サッカー団では近年、代表チーム出身の監督を新たに任命し、国中の聾学校の卒業生と在学生のうち、サッカーに素質のある適性体質の選手を選抜、召還して、身体に応じた新たなトレーニングの方法と試合の方式を取り入れました。

また、国内チームとの試合と各国の聾者サッカー団との共同練習を度々行い、国際聾者サッカー競技にも積極的に出場しました。

今、サッカー団は、アジア聾者サッカー競技大会をはじめ地域別の競技大会に出場して、好成績を獲得する目標の下、猛訓練に入っています。

一方、朝鮮障害者保護連盟では、障害者の身体鍛錬のため盲人3種、盲人陸上をはじめスポーツ種目の発展に力を入れています。

各国のマスコミが一心団結は朝鮮の一番の威力だと称えています

各国のマスコミが、指導者と人民が血の通った情で渾然一体を成しているチュチェ朝鮮を広く紹介しています。

ナイジェリア金日成・金正日主義研究全国委員会のホームページには、指導者と人民が愛情と信頼の絆を結んでいる国は朝鮮しかないだろう、朝鮮人民は人民を天の如く見なす指導者を太陽と仰いでいるという文が載りました。

エジプトの新聞「アルアハバル・アルマサイ」は、朝鮮の社会が熱い愛情でいっそう固く団結したのは、金正恩委員長がいるからだ、と書いています。

タイの「星暹日報」は、人民の力を確信する金正恩委員長の導きの下、朝鮮は歴史にかつてない奇跡を塗り返っている、と伝えています。

国営シリア・アラブ通信は、朝鮮の一番の威力は一心団結にある、朝鮮の一心団結の基礎は金正恩委員長の限りない人民愛にある、と報じました。

バングラデシュの新聞「デーリー・インダストリー」は、人民に対する金正恩委員長の気高い観点が現実に具現されていることに、朝鮮式の社会主義が歴史の嵐の中でもびくともせず、生々発展する秘訣がある、と書いています。

コンゴ民主共和国の新聞「ヌベル・オブセルバテル」は、金正恩委員長を中心に固く結集した朝鮮の一心団結は、未曾有の力と奇跡で朝鮮の名を馳せている、と述べています。

民族の自主と平和、統一のための海外同胞大会が東京で行われました

3月1日人民蜂起100周年記念民族の自主と平和、統一のための海外同胞大会が東京で行われました。

朝鮮総聯中央常任委員会ホ・ジョンマン議長、大会実行委員会の各共同委員長、名誉委員長などと総聯の活動家、そして、日本などの海外と南側の各界の人と同胞が参加しました。

大会では、6月15日共同宣言実践北側委員会からの連帯の辞が紹介されました。

次いで、ホ議長が祝辞を述べました。

祝辞は、反日民族解放運動史に輝かしいページを印した1919年3月1日の人民蜂起は、朝鮮民族は決して奴隷生活を望まない自主の精神が強い民族であり、国を取り戻すためにはいかなる犠牲も恐れない不屈の気概と熱烈な愛国精神をもつ民族であることを世界に誇り示した、3月1日人民蜂起から1世紀になる今、民族みなが血潮にじむ努力で獲得しようとした全民族の自主独立と、国の平和と統一の悲願を達成するための闘いは重要な歴史的局面を迎えている、敬愛する最高指導者金正恩元帥の卓越した導きに従って、今年を北と南の関係発展と平和繁栄、統一への道のりで画期的な転換をもたらす歴史的な年として輝かせるための闘いで先頭に立つだろう、と述べました。

続いて、連帯の発言がありました。

また、基調演説に次いで決意表明があり、決意の文が採択されました。

大会の後、芸術公演「春を迎える舞台・われらは1つ」が披露されました。

2019.03.11の記事
 

ニュース抜粋2019


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-12 (火) 15:04:06