2016年9月11日ニュース抜粋

  • 11日、朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンが談話を発表しました。
    談話は「共和国の核兵器研究所の科学者・技術者が核弾頭の威力判定の為の核爆発実験で成功した事に慌てふためいたオバマが9日、今度の核弾頭爆発実験が平和と安全に対する脅威、挑発、国際的な行動規範に対する無視だとして、共和国を絶対核保有国に認めない追加的な重大措置を取る為、国際社会と協力するという内容の声明を発表した。核弾頭爆発実験はアメリカを始め敵対勢力の核戦争の脅威と制裁に対する実際的な対応措置の一環として、敵が共和国に手出しするなら共和国も迎え撃つ用意が出来ているという、超強硬の意志の誇示だ。共和国は加増するばかりのアメリカの核の脅威と恐喝から自主権と生存権・平和を守る為に併進路線を堅持しており、この度の核弾頭爆発実験も併進路線を実行する工程の一つであるだけだ。アメリカは当に共和国を核弾頭の開発へと押し進めた張本人であり、これまでの数十年間毎日のように持続的に共和国を圧迫しているアメリカの核恐喝は共和国を今のここまで押して来た原動力となった。戦略的忍耐政策が完全に破綻し退任する日も近づいている今尚、無意味な制裁の謳い文句を並べ立てながら東奔西走するオバマ集団が本当に哀れでならない。既に明らかにしたように、アメリカの加増する核戦争の脅威から共和国の尊厳と生存権を守り真の平和を守る為の国家核武力の質と量の面での強化の措置は続くだろう」と述べました。
  • 敬愛する金正恩元帥に訪朝した日本国会参議院議員が贈り物をしました。10日、猪木寛至議員が朝日友好親善協会顧問の朝鮮労働党中央委員会リ・スヨン副委員長に贈り物を手渡しました。
  • 朝日友好親善協会顧問の朝鮮労働党中央委員会リ・スヨン副委員長が10日、訪朝中の日本国会の猪木寛至参議院議員一行に会い懇談しました。
  • 10日、朝鮮民主主義人民共和国強制拉致被害者救出緊急対策委員会が詳報を出しました。
    詳報は「海外で勤務していた共和国公民の女性達が傀儡情報員によって南朝鮮に集団的に誘引拉致されてから150日余りが過ぎた。傀儡当局は内外世論の抗議と糾弾にも拘らず共和国の女性達に対する卑劣で残忍な帰順工作に取り掛かった。この頃は謀略的なインタビューまでする事を画策し、何としても事件を自由意志による脱北にでっち上げようとしている。傀儡当局が手の限りを尽くしても共和国の女性達を集団的に誘引拉致した極悪なテロ犯罪を絶対覆い隠すことは出来ない」こう延べ、大統領府の悪女とその一味の集団的な誘引拉致の犯罪とその責任から逃れる為の断末魔の足掻きを詳しく指摘しています。
朝鮮の声放送ニュース抜粋(聞き書き)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-12 (日) 17:55:53