#author("2019-01-25T12:07:36+09:00","default:pop hok","pop hok")
*2019年01月24日ニュース抜粋 [#lae3e0d9]
**偉大な金正日総書記の著作をコンゴ民主共和国の団体がホームページに掲載 [#n87d4da2]
偉大な金正日総書記の不朽の著作「革命と建設において主体性と民族性を固守するために」の全文が、太陽のように明るく微笑む総書記の写真と共に16日、コンゴ民主共和国チュチェ思想研究全国委員会のホームページに載りました。

**偉大な金日成主席の生誕107周年と偉大な金正日総書記の生誕77周年記念準備委員会がウクライナで発足 [#t4c0a450]
偉大な金日成主席の生誕107周年と偉大な金正日総書記の生誕77周年記念準備委員会が17日、ウクライナで発足しました。

準備委員会は、主席の生誕日の4月15日の太陽節と総書記の生誕日の2月16日の光明星節にちなみ、主席と総書記の革命的生涯と業績をマスコミを通して広く紹介し、討論会、映画会など政治、文化の催しを行うことにしました。

一方、太陽節および光明星節記念メキシコ全国準備委員会が発足しました。

**敬愛する最高指導者金正恩委員長の訪中の成果をギニアの人が祝賀 [#f953ca7c]
敬愛する最高指導者金正恩委員長の歴史的な中国訪問の成果を祝って19日、ギニア金日成・金正日主義研究全国委員会のリヤド・シャルブ委員長が談話を発表しました。

談話は、金正恩委員長は新年早々中国を訪問して、朝中友好関係の発展に多大な貢献をした、わずか9ヶ月間で4回もなされた金正恩委員長の訪中は世界の外交史にかつてないものだ、と述べています。

**朝鮮民主主義人民共和国政府、政党、団体の合同会議の開会、朝鮮民族皆に送るアピールを採択 [#teed5b0a]
朝鮮民主主義人民共和国政府、政党、団体の合同会議が23日、ピョンヤンの人民文化宮殿で行われました。

朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会ヤン・ヒョンソプ副委員長と朝鮮労働党中央委員会キム・ヨンチョル副委員長、ロ・ドゥチョル内閣副総理、友党の委員長、大衆団体の活動家、6月15日共同宣言実践北側委員会、祖国統一汎民族連合北側本部、祖国統一汎民族青年学生連合北側本部、民族和解協議会のメンバーなど共和国政府、諸政党、団体の代表が出席しました。

合同会議では、敬愛する最高指導者金正恩委員長が歴史的な新年の辞で示した国の統一のための課題を徹底的に実行するための共和国政府、政党、団体の課題について討議しました。

最高人民会議常任委員会ヤン・ヒョンソプ副委員長の基調演説に次いで、祖国平和統一委員会リ・ソングォン委員長、朝鮮社会民主党中央委員会キム・ヨンデ委員長、朝鮮職業総同盟中央委員会チュ・ヨンギル委員長の発言がありました。

発言した人たちは、金正恩委員長が新年の辞で示した北と南の関係の発展と朝鮮半島の永続平和のための原則的な立場と提案、その実現の方途は、民族の志向と願い、時代の要請を最も正しく盛り込んだ綱領となる指針だ、金正恩委員長の大決断によって、民族分断史上かつてない劇的な出来事がもたらされた、昨年の貴い成果を跳躍台にして、北と南の宣言の実行のためにこぞって立ち上がり、国の統一偉業でより大きな進展を遂げなければならない、金正恩委員長の祖国愛、民族愛の呼びかけに、北と南、海外の民族皆は北と南の宣言を必ず実行するための民族挙げての闘いで応え、今年を北と南の関係の発展と平和、繁栄の道のりでまた1つの画期的な転換をもたらす歴史的な年に輝かそう、と述べました。

次いで、朝鮮民族皆に送るアピールが採択されました。

アピールは、民族皆は「歴史的な北南宣言を徹底的に履行し、朝鮮半島の平和と繁栄、統一の全盛期を開いていこう!」というスローガンを高く掲げ、北と南の間の軍事的敵対関係を根源的に取り除き、朝鮮半島を永続平和の地帯に作ろう、北と南の間の協力と交流を全面的に拡大し、発展させ、全民族の合意に基づく平和統一案をまとめ、その実現のために真摯な努力を傾けていこう、ともに必勝の信念と勇気を持って、北と南の宣言の実行に向けて民族挙げての前進を加速させ、今年を北と南の関係の発展と国の統一偉業にまた1つの画期的な転換をもたらす歴史的な年に輝かそう、と述べています。

**工業用ロボットを製作 [#x87fa1e8]
国家科学院制御機械研究所で、先端技術の開発に励んで成果を収めています。

ここの研究グループは、ロボット機械システムとロボット専用制御システムを新たに完成し、6つの関節を持つ工業用ロボットを製作しました。

このロボットは溶接、塗装など任意の作業が可能であり、生産工程の無人化に大きな意義を持ちます。

**フィギュアスケートのジュニア選手権 [#vf769847]
ピョンヤンのアイススケートセンターで、フィギュアスケートのジュニア選手権がありました。

シングルの13歳以下でセンター専属の青少年スポーツ学校の男女選手が、15歳以下ではテソンサン・スポーツ団の男女選手がそれぞれ優勝しました。

選手たちは、国の整然とした後進育成のシステムの下に才能を思う存分伸ばし、日頃磨いてきたフィギュアの技術を十二分に発揮しました。

RIGHT:'''2019.01.24の記事'''
#br
----
[[ニュース抜粋2018]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS