#author("2017-12-04T12:05:56+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2017-12-04T12:12:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
*2017年12月03日ニュース抜粋 [#ncfba908]
**敬愛する最高指導者金正恩元帥がアムノッカン・タイヤ工場を現地指導 [#pb1a98d7]
敬愛する最高指導者金正恩元帥が、労働党が重視するタイヤ生産の課題を立派に実行した鴨緑江タイヤ工場を現地指導しました。

金正恩元帥は工場の人達の手を一人ひとり握って、「新たなタイヤの生産で集団的革新を起こして、労働党が切に求めている問題を解決し私を大いに力づけた工場の労働者に、感謝の気持ちを表する為に訪ねて来た。本当に大きな事をやってのけた」と言って、その労をねぎらいました。元帥は革命事績教育室を見ました。

そして、「工場の労働者達は、偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の足跡が記された栄光の職場で生き、働くというプライドを持って、タイヤの生産で新たな奇跡と確信を創造し、タイヤ工業の主体化を実現する為に尽くした主席と総書記の不滅の指導の業績を、いつまでも輝かせるべきだ」と述べました。

元帥は工場で生産される各種タイヤと、新しく開発された移動式弾道ロケット発射台の大型タイヤを見ました。元帥は、11月の大きな出来事を精力的に準備していた時のこの9月、鴨緑江タイヤ工場に朝鮮式の『9軸移動式発射台』の大型タイヤを、無条件開発して生産する課題を示しました。工場の労働者達は、自力更生の旗を高く掲げて折り重なる困難を乗り越えて生産に励み、労働党の命令を見事に実行する誇らしい成果を収めました。

元帥は、「工場に無かった大型タイヤの生産工程を輸入設備に頼らず国内で生産して短期間に革命的に新築し、主な物理的・機械的性質が輸入品より遥かに優れた新型の大型タイヤを見事に生産した、鴨緑江タイヤ工場の労働者の奮闘振りと仕事振りから特別深い感動を覚えた。党中央の名で頭を深く垂れて心から感謝する」と述べました。

金正恩元帥は工場の各所で生産と管理運営の実態を備に見聞きしました。そして工場で、社会主義建設の全ての部門で勝利の前進が加速化している今の劇的な時代の要請に即して、経済管理を綿密に行いタイヤの生産を更に高い水準に引き上げる事、世界的なタイヤ工業の発展の趨勢に合わせて生産工程を新たに設計し現代化を実現する事、生産正常化の為の原料と資材の供給対策を円満に立てる為に粘り強く励む事、従業員を現代科学技術をしっかり身に付けた知識型の人に準備させる事、労働者により良い生活条件をつくってやる事に深い関心を向ける事等、工場の管理運営上の貴重な事を教えました。

また、「国の経済を発展させ国防力を強める上でトラック等運輸機材を自力で生産すると共に、それに必要な各種タイヤを自分の力と技術、資材で作って日増しに増大する需要を充たすべきだ」とし、「その為には鴨緑江タイヤ工場を知識経済時代に相応しく現代的に改築すべきだ」と述べました。

金正恩元帥は、鴨緑江タイヤ工場の労働者達が朝鮮労働党の併進路線の実行に大いに寄与するものと確信し、模範労働者と共に記念写真を撮りました。朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長の党中央委員会崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長と党中央委員会幹部のホン・ヨンチル、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、劉進(リュ・ジン、ユ・ジン)の各同志が同行しました。

**敬愛する最高指導者金正恩元帥に在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会から手紙が送られました [#je8c4081]
11月30日、敬愛する最高指導者金正恩元帥に在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会から手紙が贈られました。

手紙は、「金正恩元帥の直接的な導きの下に大陸間弾道ロケット『火星15型』のテスト発射を唯の一度で成功させて、国家核武力完成の歴史的大業を輝かしく実現したという特記すべき大勝利のニュースに接した総聯の活動家と在日朝鮮人皆は、正義の核の霊剣で世界を手玉に取る偉大な愛国者、不世出の英雄を仰ぐチュチェの朝鮮の海外公民の限りない民族的誇りと栄誉が天を衝くように高揚し、必勝の信念が湧いて来るのを抑える事が出来ない。

今年収められた3月18日革命、7月4日革命、7月28日の奇跡的な勝利と、大陸間弾道ロケット搭載用の水素爆弾実験の成功に次いで、アメリカ本土全域を打撃出来る超大型重量級核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ロケット『火星15型』のテスト発射での大成功の英雄的快挙は、天が生んだ又と居ない偉人である金正恩元帥ならではの特大の出来事で、5千年の民族史に金文字で永遠に輝く一番の喜び事である。

総聯の活動家と在日朝鮮人皆は、国と人民の運命を一身に担い国家核武力完成の歴史的大業の実現で、アメリカをはじめ帝国主義の侵略と核の脅威にピリオドを打った敬愛する最高指導者金正恩元帥が居て、最後の勝利は必ず我等のものだという自信に満ちている。反米対決が最後の段階に入った朝鮮革命の要求に即して、総聯を共和国の尊厳ある海外同胞組織として磐石の如く固め、元帥の思想と意図通りに自己の使命と本分を果たして行く。

総聯中央常任委員会は在日朝鮮人皆の燃えるような衷情と敬慕の念を込めて、チュチェの朝鮮の永遠なる繁栄と在日朝鮮人運動の成功裏の前進の為に、敬愛する最高指導者金正恩元帥の健康を心から祈る」と述べました。

**敬愛する最高指導者金正恩元帥の革命活動を各国と地域の報道機関が報道 [#e251db8b]
敬愛する最高指導者金正恩元帥の革命活動を各国と地域の報道機関が報じました。

『インド・アジア通信』、インドの新聞『アジア・カバール・デイリー』、ネパールのインターネットメディアの『ネパール・トゥデイ』、シンガポールの新聞『連合総報』、中国の『新華社』、日本の『日本経済新聞』、ロシアの『タス通信』、インターネットメディアの『レンタ・トーツカル』、『レムチチ』、ホームページ『朝鮮民主主義人民共和国は今』、ドイツ反帝フォーラムのホームページ『現地指導のニュース』、ギニアの国内・国際放送、7つの民族語放送、そしてアメリカの『UPI通信』、『ナイジェリア金日成・金正日主義研究全国委員会』、『コンゴ民主共和国チュチェ思想研究全国委員会』、『白頭山チェコ朝鮮友好協会』、『イタリア朝鮮民主主義人民共和国友好連帯協会』、『ポーランド朝鮮民主主義人民共和国探求の為の国際親善発起』、ナイジェリアに本部のある『朝鮮人民との友好連帯アフリカ地域委員会』のホームページに、スンリ自動車連合企業所の現地指導が載りました。ネパールの新聞『アルパン』、ロシアのホームページ『パトリオッティ・モスクワ』に、クムソン・トラクター工場を現地指導した事が載りました。マスコミ各社とホームページに金正恩元帥の写真が共に載っています。

※聞き書きなので各組織名に間違いがあるかもしれません。

**偉大な金正日総書記を偲ぶ委員会が各国で発足 [#sb440d8c]
『偉大な金正日総書記を偲ぶ委員会』がクウェートで、『金正日総書記を偲ぶスロバキア委員会』がブラチスラヴァで、『金正日総書記を偲ぶ委員会』がスイスで、『金正日総書記を偲ぶインドネシア委員会』が其々発足しました。

各委員会は総書記の逝去6周年に際して、総書記の不滅の革命的生涯と業績を称える政治文化の催しを行う事にしました。

**コンゴ民主共和国の政党が歴史的なピョンヤン宣言に署名 [#w7cd306f]
統一したコンゴ民主共和国の人の〓〓((聞き取り不能))が、歴史的な平壌宣言『社会主義偉業を擁護し前進させよう』に署名しました。

11月28日に行われた党緊急特別会議では平壌宣言が読み上げられ、オメール・ムソワンザニ・ムンジュンドー全国委員長が宣言に署名しました。全国委員長はコンゴ民主共和国駐在朝鮮代表部に署名文を手渡しました。

※聞き書きなので人名に間違いがあるかもしれません。

**ファンヘ北道で民族遺産の保護に力を入れて多くの成果達成 [#s11683a0]
共和国の黄海北道で民族遺産の保護に力を入れています。

道では今年、数十個の遺跡と施設の補修と数千平方メートルの地帯整理、3万3千本の植樹等、保護管理で多くの成果を収めました。道の関係部門では科学研究機関との連携の下、歴史遺跡遺物と天然記念物の現状保存と管理に科学技術の成果を取り入れる事も、計画的に推し進めています。

**朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンが声明発表 [#ld74a513]
2日、朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンが次のような声明を出しました。

「アメリカは12月4日から8日まで、南朝鮮傀儡集団と共に共和国を狙った史上最大規模の合同空中訓練を行い、一触即発の朝鮮半島の情勢を爆発へと追い込もうとしている。アメリカと南朝鮮傀儡集団が行う合同空中訓練には、アメリカの主要戦略戦力の最新鋭ステルス機F-22ラプター((放送では「らぷと」と発音。))とF-35型機をはじめ、日本と南朝鮮の空軍基地から230機余りの戦闘機と1万2千人の米軍が参加する事になる。アメリカの主要戦略戦力の最新鋭ステルス機F-22ラプターとF-35型機を朝鮮半島に大挙投入して、嘗てない規模で実践宛らの合同空中訓練を行うのは今回が初めてだ。

アメリカは今回の訓練の目的が、共和国の主な戦略対象を戦争初期に無力化させる為の実践能力を練磨する処にあると公言している。先日もアメリカは、3つの原子力空母打撃軍を朝鮮半島の周辺に差し向けて共和国を狙った最大規模の核戦争演習を行い、最近は共和国に対する核攻撃が実質的に可能だという事を世論化している。今トランプ集団は、朝鮮半島で危険千万な核の賭博をしており核戦争を哀願している。

アメリカが戦略核戦力を動員して、嘗てない大規模な軍事的挑発を続け朝鮮半島の情勢を一触即発の鋭い状況へと追い込んでいる事を、国際社会は只ならぬ動きだと評し深い懸念と不安の中見守っている。これは朝鮮半島と世界平和を撹乱し破壊する真の核戦争狂、真の核の悪玉が誰かをはっきりと見せている。アメリカが共和国の正々堂々たる自衛の核抑止力強化の措置を世界の平和と安全に対する脅威だと罵倒し共和国を悪玉化するのは、共和国に対する核先制攻撃の口実を設ける為のもので核戦争の前奏曲だと言える。

共和国の核武力の使命は、自衛の核保有国の地位を更に固める事についての朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議の法令に明らかにされているように、共和国に対するアメリカの侵略と攻撃を抑止・撃退し、侵略の本拠地に対する殲滅的な報復打撃を加える処にある。現実は共和国がアメリカと実際的な力のバランスを保つ時、朝鮮半島と世界の平和と安全が守られるという事を改めてはっきりと示している。

国際社会は核戦争の太鼓の音が響いて来るかをはっきりと見極めて、朝鮮半島、延いては世界の平和の破壊者、撹乱者のアメリカに全責任を問うべきだ。アメリカの分別の無い核戦争の狂気沙汰により朝鮮半島と世界が核戦争の火の中に巻き込まれるなら、その全責任はアメリカが負うべきだ」

**朝鮮民主主義人民共和国の祖国平和統一委員会スポークスマンが談話を発表 [#ie33f06c]
3日、朝鮮民主主義人民共和国の祖国平和統一委員会スポークスマンが談話を発表しました。

12月4日から、共和国を焦土化する為のアメリカと南朝鮮傀儡好戦勢力の侵略的な合同空中訓練が最大規模で行われる事を受けてのもので、談話は、「アメリカと南朝鮮傀儡集団は前々からこの度の合同空中訓練が、『北の核施設とミサイル基地をはじめ700個余りの核心標的を焦土化する歴代級の訓練になる、空中戦の王者と呼ばれる先端飛行隊が投入される史上初めての打撃行動として北に対する最大のプレッシャーになるだろう』と喧伝している。

ここで問題なのは、この度の実践同様の訓練が共和国の国家核武力完成の歴史的大業、ロケット強国の偉業の実現に度肝を抜かれた気違い大統領トランプが、『絶対に許せない、何でも遣り通す』等と言って狂気沙汰を見せているのと時を同じくして強行される事だ。目下の事態は、アメリカと南朝鮮傀儡好戦勢力が未だに正気を失って使い古した悪口を叩き、共和国を力で脅かし押し潰す為の強盗丸出しの行動へと、一層無謀に出ている事を示している。

我々はこの機会を借りて、共和国と朝鮮人民へのアメリカとその追従勢力の妄動に対応して史上最高の超強行の対応措置の断行を慎重に考慮し、その代償を必ず払わせる事を明らかにした朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長のこの9月21日付声明を、改めて思い起こさざるを得ない。アメリカと南朝鮮傀儡軍部好戦勢力は挑発の度合いが高まるだけ、罪が重なるだけ、恐ろしい報復の火薬の量が更に増え悲惨な自滅の時刻が早められるという事を、はっきり知るべきだ」と述べています。

**南朝鮮の「国会」議員たちが屈辱的な旧日本軍性奴隷問題の「合意」の廃棄とその見直しを主張 [#g0b3480e]
南朝鮮のインターネットメディア『統一ニュース』によりますと11月29日、南朝鮮の19人の国会議員が、旧日本軍性奴隷問題の『合意』の廃棄とその見直しを求める決議案を連盟で発表しました。

決議案は、「性奴隷問題の『合意』は、朴槿惠政権が国民と性奴隷被害者の尊厳と権利保障の義務を無視して成した『屈辱合意』だ。『合意』を通じて日本政府が性格が曖昧な10億円を出す代わりに、性奴隷の犯罪に対する法的責任を回避する事にした。日本当局が性奴隷の犯罪に対し公式に謝罪して法的責任を負い、南朝鮮当局は『合意』関連の全ての文書を直ちに公開すべきだ」と述べています。

**インドとナイジェリアの人が共和国の大陸間弾道ロケット「ファソン15」型のテスト発射の成功を祝って談話発表 [#sa510365]
11月29日、インドとナイジェリアの人達が共和国の大陸間弾道ロケット『火星15型』のテスト発射の成功を祝って其々談話を発表しました。

『インド共産党全国理事会』のアトル・クマール・アンザン書記と『全インド農業勤労者同盟』のスニト・チョプラ連合書記は共同の談話で、「この度のテスト発射の成功で国家核武力完成の歴史的大業、ロケット強国の偉業の実現を宣言し、戦略兵器の開発と発展は共和国の利益を侵害しない限り如何なる国と地域にも脅威にならないと、又もや厳かに闡明した朝鮮民主主義人民共和国政府声明を全面的に指示する」と述べました。

『朝鮮人民との友好連帯アフリカ地域委員会』委員長であるナイジェリア国民進歩党のダミアン・オグボンナ全国委員長は談話で、アメリカが名実相伴う核保有国である朝鮮の戦略的地位を認めて朝米平和協定の締結へと出る事を求め、世界の進歩的人々が朝鮮半島の平和と安定の為闘っている朝鮮人民を積極的に支援する事を強調しました。

※聞き書きなので各組織名、人名に間違いがあるかもしれません。

**第14回ブラジル共産党大会の最終総会で朝鮮半島の平和と統一を支持する連帯文書採択 [#e7a18034]
第14回ブラジル共産党大会の最終総会で、朝鮮半島の平和と統一を支持する連帯文書が採択されました。

文書は、「朝鮮民主主義人民共和国の自主権を侵し朝鮮半島への干渉を事としているアメリカを非難する。ブラジル共産党は朝鮮の統一と''停戦協定を平和協定に取り替えるという共和国の提案''を支持する。朝鮮民主主義人民共和国を完全破壊すると言ったアメリカ大統領の妄言を非難する。これはアメリカと南朝鮮、日本が引っ切り無しに繰り広げる合同軍事演習と共に、朝鮮半島のみならず世界の平和に対する由々しい脅威となる」と述べています。

RIGHT:'''2017.12.03 サイト音声の聞き書き'''
LEFT:'''※聞き書きなので各組織名や人名に間違いがあるかもしれません。'''
#br
----
[[ニュース抜粋2017]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS