#author("2022-01-03T18:19:37+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短波放送「朝鮮の声」より [#xc9113c5]
//CENTER:&ref(vok_top.png,nolink);
//&ref(youtube_oops.png,nolink);&br;
#u2b(hjzwlSklaak)
[[pop hok>https://www.youtube.com/channel/UCdhSp7AczmPpHTXBh8mqnzQ]] -- YouTube&br;
220102夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信

-[[2022.01.01>https://youtu.be/rUYzQlScNGg]] -- 220101夕方の放送、9650kHzで受信
-[[2021.12.31>https://youtu.be/VvAaYZSHEkg]] -- 211231夕方の放送、7580kHzで受信
-[[2021.12.30>https://youtu.be/WUC2SZDPrJU]] -- 211230夕方の放送、7580kHzで受信
-[[2021.12.29>https://youtu.be/jHkt8qDiY5w]] -- 211229夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
-[[2021.12.28>https://youtu.be/b-Aqdd2NsHY]] -- 211228夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
-[[2021.12.27>https://youtu.be/NGfogNeMKBE]] -- 211227夕方の放送、7580kHzで受信

----
**民族的な香りが溢れる家庭 [#y5c2c7f7]
平川区域鳳池洞第57人民班在住のユン・デソン家庭では民族料理を好んで食べている。この家庭の食卓には毎日のように民族料理が載っている。春季にはナズナ汁やノビルのキムチ、夏にはタンゴギ汁、秋にはソンピョン(うるちの粉でこしらえた餡入りの餅)、チュオタン(ドジョウ汁のようなもの)、冬には白菜のキムチ、ポッサム・キムチ(具を白菜にくるんで漬けたもの)……この家庭の嫁であるアン・ヒスクさんは民族料理専門家である。平壌料理技術大学の教員である副教授、修士の彼女は、これまで『わが家の12ヶ月料理』、『母さんの並々ならぬ料理の腕前』、『誰もが作られる料理』など多くの料理図書を執筆した。彼女は図書で季節別の民族料理のつくり方を分かりやすく解説している。彼女はわが民族料理について、こう述べている。「私は幼い時から母のつくった民族料理を食べながら成長しました。今もあの時に味わったチャルトク(餅)、ソンピョン、トック(朝鮮風雑煮)、大同江ボラ汁の味を忘れられません。そういうわけで民族料理を専門したかも知れません。民族料理の特徴は味と匂い、色が独特なのです」 彼女は新年を迎えるたびに、その年の祝日料理と日常料理、特別料理など民族料理メニューが頭の中で作成されるという。チュオタンはその家庭の特技の料理である。彼女は各道別に伝われる伝統的なつくり方でチュオタンをうまく作るが、その腕前は朝鮮中央テレビで「淡水の人参―ドジョウ」という表題で紹介された。彼女は、おせち料理としてチャルトク、緑豆のチジム、サンジョク(肉などの串焼き)、平壌冷麺などの民族料理を準備した。民族料理に対する関心は彼女にだけあるのではない。彼女の夫であるユン・ソンチョルさんも民族料理について博識である。彼は、妻が民族料理専門家であるので自分も自然に水準が上がったとし、妻は民族料理だけでなく民族楽器の伽倻琴も上手に弾けると自慢している。ヒスクさんの姑であるパク・ソンジュク老もメジュジャン(大豆のこうじで作った味噌)のつけが上手で、その味がうまくて同人民班の人たちは味噌をつける時はパク老を招聘するという。アン・ヒスクさんは言っている。「民族の伝統はこの地で生きるからといって自然に継がれるものではないと思います。服を着ても民族衣装を好んで着、料理を食べても民族料理を好んで食べながらその伝統を大いに生かし、発展させるために努力してこそさらに輝かされ、継承されるのです」&br;
オム・ヒャンシム&br;
'''(Naenara 2022.01.01)'''
----
特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]に放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「''無慈悲''」が一般的になっているが、短波放送では「''情け容赦無い''」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

-[[「朝鮮の声放送」サイト掲載ニュース項目>掲載ニュース項目]]
-[[「朝鮮の声放送」ニュース抜粋>ニュース抜粋]]
-[[「朝鮮の声放送」放送一覧>放送一覧]]
----
「朝鮮の声放送」[[Webサイト>http://www.vok.rep.kp/]]上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。
-[[「朝鮮の声放送」新サイト]]
-[[「朝鮮の声放送」旧サイト]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS