短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
211230夕方の放送、7580kHzで受信


新製品の開発に力を入れる

平壌香料工場で新製品の開発に力を入れている。工場では、コエンドロ、ハッカ、トウシラベ、ニオイネズコなどから天然香料を抽出する技術を完成して今年に10余種の香料製品を開発した。工場では、香料原料の特性に合う溶媒抽出と臨界超過流体抽出、水蒸気蒸留などさまざまの抽出技術とともに香気増強効果を現す酵素分解方法を利用して香料の質を一段と改善した。工場で生産されるモモ香、スイカ香、ミカン香、チョウセンゴミシ香とカワラヨモギ香、松葉香など多種多様の香料製品は食料品と化粧品の生産に広く利用されてユーザーから好評を博している。ユ・スンヨン支配人は「われわれは今後とも新製品の開発を積極的に推進して香料製品の品目を増やし、その質をさらに高めていく」と言っている。
(Naenara 2021.12.31)

化粧品工業の発展を後押しする

平安北道にある新義州化粧品工場で科学技術と人材を重視し、生産と経営活動を綿密に行って企業発展を後押ししている。工場では、生産者大衆の技術技能水準を高め技術者、研究士の陣容を固めて工場を科学研究と生産が一体化された技術集約型工場にいっそう発展させている。生物学、化学、医科学など各科学分野と関連する化粧品工業の特性に即して金日成総合大学、理科大学、韓徳銖平壌軽工業大学をはじめ各大学の優秀な卒業生をもってポムヒャンギ研究所を設け自力で技術者、技能工を養成している。世界的に有名な化粧品と対比的に分析して見ながら製品の質を引き続き高めており、消費者の嗜好と年齢、体質的特性に合わせて品目を増やしていくための研究を深化させている。特に、生産技術工程の近代化をさらに完備する一方、機能性化粧品の品目を増やし、その質を改善するための活動に力を入れている。職場長、作業班長、技能工をはじめ従業員の誰もが新製品の開発と技術更新、質の向上に進んで参加している。キム・ヘヨン支配人は、工場では今年にも髪の毛染色ゲル、ヒアルロン酸口紅、紫外線防止クリーム、装飾用透明石鹸など数種の機能性化粧品を開発したと言っている。現在、工場では190余種に数百万個の化粧品を生産している。工場で生産した「ポムヒャンギ」化粧品は国内はもとより世界各国にも広く知られている。2017年8月「ポムヒャンギ」化粧品のブランドが世界知的所有権機関(WIPO)に登録され、2019年9月には老化防止化粧品を開発した工場の幹部と技術者に世界知的所有権機関の発明家賞とメダルが授与された。
(Naenara 2021.12.29)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS