短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220614夕方の放送、9650kHzで受信

※ミサイルに言及無し


環境保護と経済発展に寄与する

両江道マンギョン情報技術交流所で再資源化を実現して生態環境保護と道の経済発展に寄与している。同交流所では一鉱山で出る酸性廃水と各機械工場で出る削り屑を原料とする酸化鉄顔料を開発した。彼らが開発した酸化鉄顔料は建物の外装材、内装材だけでなく、タイルとプラスチックの着色、色壁塗りなどに利用することができる。それで、同交流所の製品は各展示会で人々の耳目を集めた。今交流所では多量の顔料を生産して重要対象建設場に送っており、道内の公共建物と住宅の面貌を一新することに大いに寄与している。
(Naenara 2022.06.13)

民族音楽遺産―啓蒙期歌謡

朝鮮民族が創造した貴重な音楽遺産の中には啓蒙期歌謡もある。啓蒙期歌謡は1920年代から解放(1945.8.15)前までの時期に創作された進歩的な歌謡を言う。当時は朝鮮で労働運動が成長し、労働者階級の要求と思想・感情を反映したプロレタリア文学・芸術運動が繰り広げられていた時期である。一方、金日成主席が組織、指導した抗日武装闘争の影響が国内外に拡大されて人民の反日意識が高まり、全般的な反日民族解放運動が新たな高揚期を迎えた歴史的な時期でもあった。そのため、当時に創作された歌謡は反日啓蒙的性格が強いのが特徴である。当時、朝鮮の良心的な文芸家たちは民族音楽を守り、人々を反日思想で覚醒させるため啓蒙期歌謡を多く創作した。思想的・情緒的内容で共通的なのは国を奪われた朝鮮人民の境遇と民族的うっ憤、日本帝国主義への抵抗感情が真実に反映されていることである。啓蒙期歌謡は時代的制約性によって革命的な思想を反映しなかったが、そこには植民地奴隷生活を強いられた朝鮮民族の苦痛と悲しみ、うっ憤の感情が込められている。これらの歌謡が強い情緒的牽引力を持って広く普及されたのは歌詞に当代人民の思想・感情と志向、生活情緒がよく反映されており、旋律が人民の好みと情操に合う大衆向きのものになっているからである。多くの比重を占めるのは「故郷の春」「ふるさとの空」のように人々の胸に秘められている奪われた祖国と後にしてきた故郷に対する歌謡である。祖国の美しい景観や名勝古跡を歌った作品もあるが、それらの歌謡は祖国を愛する感情をよく反映している。その他にも「鳳仙花」「涙の豆満江」のように祖国解放に対する念願と確信が込められている歌謡も少なくない。啓蒙期歌謡は一定の制限性を持っているが、その進歩性と音楽史的意義、遺産的価値によって朝鮮民族の貴重な音楽遺産になっている。
(Naenara 2022.06.12)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS