短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220928夕方の放送、11865kHzで受信

※飛翔体発射には触れず・・・。


実利的な麦芽栽培場

世界的に水耕栽培方法で麦芽を大量生産する動きが活発になっている。研究資料によると、麦の芽は麦やトウモロコシに比べて粗蛋白質含有量がはるかに多いため乳牛、ヤギなど草食家畜の理想的な飼料となるという。朝鮮の東北部にある咸鏡南道咸州郡は耕地面積が限られている地域である。それで、郡では興上乳牛牧場に300m2の麦芽栽培場を設けてより多くの家畜飼料を生産している。ここの管理工たちは、5~7日置きに1回ずつ20cmくらい育った麦芽を収穫するが、これは数十ヘクタールの土地で得られる飼料量に相当すると言っている。3名が管理する栽培場には、冬にも麦芽生産を続けることができるよう暖房および光線調節装置が立派に備えられている。
(Naenara 2022.09.28)

朝鮮高麗薬技術社

チュチェ81(1992)年6月に設立された朝鮮高麗薬技術社は高麗薬の生産において提起される技術上の問題を解決する科学研究機関である。同技術社では、国のすべての高麗薬生産単位の近代化の実現、高麗薬の薬物形態の改善、高麗薬の開発、薬草の標準栽培法の導入などの活動を計画、実現している。同技術社は、高麗薬生産技術の研究、普及及び導入において主導的役割を果たしており、多くの高麗薬生産単位の近代化に寄与している。これまで江界市高麗薬工場、三池淵市高麗薬工場など数百余の高麗薬工場に国際基準に符合する生産工程を確立するための活動を行い、近代的な生産設備を当該単位の実情に即して設計、製作、導入した。また、高麗薬に被膜剤を導入して錠剤にし、高麗薬のエキス化を実現した。同技術社では、中間試験生産工程を設けて高麗薬の研究において収めた成果を実践的に検証し、実証された技術を普及及び導入している。同技術社では新製品の開発にも力を入れている。同技術社が最近開発した多くの高麗薬が国家品質認証と規格を受けた。同技術社は研究士、設計士をはじめ自らの科学研究陣容を絶えず補充、強化し、彼らの水準を向上させると同時に、高麗薬の生産と関連した膨大なデータベースを構築して提起される科学技術的問題を迅速に解決している。同技術社は「朝鮮高麗薬技術通報」を発刊している。
(Naenara 2022.09.26)

#ref(): File not found: "naenara220926_1.jpg" at page "VOK Wiki"

#ref(): File not found: "naenara220926_2.jpg" at page "VOK Wiki"


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

シン・ヨンイルさんは『文章の末尾を小さな声で読む』という変なクセがあり、まだまだ不明瞭な発音が多い人なので聞き取り難い。BGMが入った場合などは特に聞き取り難い。呉英淑さんは読みはしっかりしているけど、いつも録音レベルが1人だけ低いので聞き取り難い。カン・ソンヒさんが一番聞き取り易い。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS