短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220117夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信


病院へ走る「王車」

朝鮮では子供たちに供給する各種の乳製品を運搬する車を「王車」と親しげに呼んでいる。それは子供たちを国の王様として高く推したて見守っているということから生まれた話である。「王車」は毎日のように生産地から全国のすべての託児所、幼稚園へ列をなして走っている。これらの乳製品の供給は入院治療を受けている子供たちの場合にも例外ではない。玉流児童病院のカン・ヒョンア看護長の話によると、入院中にある子供たちにも毎日国家から子供栄養基準に伴う牛乳酸乳と牛乳など各種の乳製品が供給されているという。このような供給システムはこれまでにもあったが、昨年国家の負担で全国の子供たちに乳製品など栄養食品を供給するという政策が打ち出された以後、いっそう活気を帯びて行われているという。
(Naenara 2022.01.18)

平壌4大飲食物の一つである平壌オンバン

寒い冬の天気が続く現在、市内の多くの公共サービス単位ではおいしくて栄養価の高い平壌オンバン(温飯)のサービスをして来客の心を温かくしている。古くから、平壌4大飲食物の一つとして名高い平壌オンバンは、朝鮮民族に格別に愛されてきた。普通、白米の飯に緑豆チジム(水にといた緑豆粉を油を引いて鉄板の上で焼いたもの)、鶏肉のなます、キノコの炒め物を具として乗せ、熱い鶏肉の汁を掛けて食べるこの飲食物は、薬味やしょう油の代わりに塩で味をつけて鶏肉の汁固有の味を生かしているのが特徴である。三国時代以前から食生活に利用されてきたオンバンは、歴史的に朝鮮民族にとって日常の飲食物、普遍の飲食物となっていたので、三国時代や高麗時代の文献に特別に叙述されなかった。朝鮮封建王朝の末期である19世紀に食文化に対する関心が高まって、専門料理の本が編さん、出版されるとともに、オンバンに対する資料が記録され始めた。この時から遠い昔、平壌官庁で召し使いに勤めていたある乙女が寒い冬の日、無念のぬれぎぬを着せられて投獄された愛するチョンガーに緑豆チジムをのせた白米の飯に熱い汁を掛けてもてなしたという物語も生じた。かつて、平壌の人々は平壌オンバンを結婚式の飲食物、祝日の飲食物として食べた。各地方のオンバンの中でも有名な平壌オンバンは、必須アミノ酸、炭水化物、ビタミンをはじめ生命活性物質を多く含んでおり、栄養強化作用、コレステロール降下作用、老化防止作用などの薬理的効果を現す。チュチェ105(2016)年に平壌オンバンの加工方法は平壌地方無形文化財に登録された。こんにち、朝鮮労働党の民族文化財保護政策によって、張哲九平壌商業大学をはじめ公共サービス部門の教育単位ではそれに関する知識と技術が整然と継承されている。
【平壌1月17日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS