短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220115夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信


各街に漂う焼きクリ、焼きイモの香り

首都平壌の各街に焼きクリ、焼きイモの香りが漂っている。「焼きクリの香ばしい香りに引かれて我知らずにここを訪ねている。ぱっと開けた殻の間から黄色い中身が見える焼きクリは見ただけでも食べたくなりその味もまた美味しい」「熱い焼きイモを口で冷やして食べる味こそ格別なものである。真冬にも誰それなく焼きクリ、焼きイモを好んで食べる姿こそ首都の格別な風景である」 これは万景台区域菜果卸売所の焼きクリ、焼きイモ売り場を訪ねる人々の交わす楽しい話である。ここのサービスマンの話によると、毎年秋には大量のクリとイモを運搬してきて貯蔵し、冬中焼きクリ、焼きイモをサービスするという。市内の各地にある焼きクリ、焼きイモ売り場で香ばしい焼きクリ、焼きイモを好んで食べる人々の姿は首都の正月景色とともにさらに異彩を放っている。
(Naenara 2022.01.15)

西海地区で冬季の船の修理と整備

西海地区の各水産単位の労働者たちが、冬季の船の修理と整備に力を集中している。南浦水産事業所の労働者たちが、漁船の修理および整備で革新を起こしている。彼らは、漁船の近代的改造に寄与する技術革新案も積極的に創案、導入している。雲田水産事業所(平安北道)、定州水産事業所(同)の労働者、技術者は、ウインチ、網引き上げ装置などの設備と漁具を新しく更新するとともに、船体、機関の修理および整備を几帳面に行って漁船の性能と面貌(めんぼう)を改善している。他の水産事業所でも、必要な部品、資材を円滑に確保し、船修理の速度と質の保障に力を入れている。
【平壌1月15日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS