#author("2020-03-01T19:08:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-06-10T19:53:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*3月1日人民蜂起を通して見た日帝の残忍さ [#x615c6fa]
1910年8月、「韓日併合条約」を捏造して朝鮮を不法占領した日帝は極悪非道な武断政治を実施しました。日帝の野蛮な武断政治によって積もり積もった朝鮮人民の反日感情はやがて1919年3月1日、民族挙げての抗争に爆発しました。

ピョンヤンから始まった蜂起は瞬く間にソウルを始め全国各地に広がりました。それだけでなく、当時、満州と上海、沿海州、ハワイなど朝鮮人が住んでいる海外にまで拡大しました。

慌てふためいた日帝は自分たちの中世そのものの暴圧統治が世界に暴かれるのを恐れて、平和なデモである3月1日人民蜂起を銃剣で無残に弾圧しました。日帝が3月1日人民蜂起をいかに悪辣で残忍な方法で弾圧したかは、いくつかの歴史記録を通しても十分分かります。当時、日本の総理大臣は''長谷川「朝鮮総督」''に蜂起を弾圧することを指示する電報を打ちました。
慌てふためいた日帝は自分たちの中世そのものの暴圧統治が世界に暴かれるのを恐れて、平和なデモである''3月1日人民蜂起''を銃剣で無残に弾圧しました。日帝が3月1日人民蜂起をいかに悪辣で残忍な方法で弾圧したかは、いくつかの歴史記録を通しても十分分かります。当時、日本の総理大臣は''長谷川「朝鮮総督」''に蜂起を弾圧することを指示する電報を打ちました。

下の写真資料はその電文の内容を見せるものです。

#ref(ike200210011_001.jpg,wrap,74x120)

電文には、朝鮮人民の3月1日人民蜂起について、対外的には表面上ごくつまらないものに見せかけ、対内的には情け容赦なく弾圧することを指示した内容が記されています。日帝は朝鮮にある日本軍と警察部隊、さらには日本人居留民まで武装させて蜂起の弾圧に駆り立て、また日本本土の兵力まで引き入れ、大々的な弾圧に出ました。

下の写真は当時の蜂起弾圧のことで、「朝鮮総督府」警務局が上司に提出した報告の内容です。

#ref(ike200210011_002.jpg,wrap,160x120)

それによりますと、日帝の弾圧によって3月1日から10日までの間だけでも逮捕された人は男子5万人以上、女子1千人以上で、死亡した人は男子1万人以上、女子3百人以上、負傷した人は男子5万人以上、女子1千人以上、死亡した子供は3百人以上です。これは日帝がひかえめに発表した資料です。

日帝の野獣さながらの殺戮行為によって1919年3月から5月末までの間だけでも、4万6千9百人以上の愛国者と人民が検挙、投獄され、1万5千9百人以上の負傷者が出ました。また、7千5百人以上が無残に虐殺されました。

当時の惨状について''日本のある御用学者''までも「日本人は見るに耐えないほど残酷な弾圧に狂奔した。…日本の憲兵の暴悪さは筆舌に尽くしがたいほどで、年寄りや婦女、子供まで銃剣で刺し殺し、首を絞めて殺した」と驚愕を表しました。

#ref(ike200210011_003.jpg,wrap,322x120)

3月1日人民蜂起に対する弾圧は日帝が数十年に渡る植民地支配期間、朝鮮民族に働いた罪悪の一部に過ぎません。

今も朝鮮人民の胸には過去、日帝に強いられた不幸と苦痛が癒えない傷として残っています。

(時事評論)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[断じて許せない殺戮行為]]
LEFT:[[3月1日人民蜂起を弾圧した日帝]]、[[断じて許せない殺戮行為]]&br;
[[世紀をまたがる血の恨み]](6月10日万歳示威闘争)
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2020.02.29)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS