#author("2022-02-23T19:06:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-02-23T19:07:22+09:00","default:pop hok","pop hok")
*118年前の侵略文書 [#y2d6f7d9]
118年前、日本帝国主義者が朝鮮封建政府に強要した侵略的な文書があります。それがいわゆる「''韓日議定書''」です。1904年2月23日に作り上げられた「韓日議定書」は、「保護」の名の下に朝鮮の自主権を抹殺し、朝鮮を軍事的に占領しようとの罪な企みをさらけ出した侵略文書です。

20世紀に入って、朝鮮を植民地にしようとの列強の動きが活発になると、これに不安を感じた日本帝国主義者は朝鮮に対する軍事的占領を急ぐための強盗丸出しの文書を作り上げようとしました。こうして、当時、日本政府は「朝鮮侵略案」を考案しました。その内容を見ますと、朝鮮を軍事的に占領し支配するのが目的だが、名目上、「保護的な条約」を結ぶのが一番手っ取り早いということでした。

しかし、これは朝鮮封建政府の猛反発にぶつかりました。すると、日本帝国主義者は日露戦争の挑発と共に、侵略武力を朝鮮に大々的に差し向けました。そして、朝鮮の「皇室と領土保存」を称して、侵略武力を動員して皇宮を封鎖し、「議定書」の締結に強く反対した朝鮮封建政府の官吏たちを取り除きました。

こうした状況下で、「韓日議定書」が強制締結されました。全6ヶ条からなる「韓日議定書」には、「永遠の友好」、「東洋の平和」、朝鮮の「独立と領土の保存」のような聞こえのいい表現がありますが、いずれも朝鮮人民を奴隷にし、朝鮮を植民地にしようとの下心を覆い隠すための術策に過ぎませんでした。

''社会科学院歴史研究所''の主任、教授、博士''ウィ・グァンナム''さんのお話です。
>「日本帝国主義者は『韓日議定書』の第1条と第5条を通じて、内政、外交などの『保護権』確立の枠組みを、第6条を通じていつでも必要な『条約』をでっち上げられる法的手段をもたらしました。また第4条で『第3国の侵害または内乱によって大韓帝国皇室の安全と領土の保存に危険がある場合、大日本帝国政府は直ちに臨機必要な措置をとることができる』と明記して、朝鮮に対する侵略武力の発動を法的に裏付けました。このように、『韓日議定書』は日本帝国主義者の強盗丸出しの侵略的な正体を世界にそのまま見せています」

強盗そのものの「韓日議定書」の捏造で朝鮮を植民地にするための「法的」口実をつくった日本帝国主義者は、「韓日議定書」を枠組みにして朝鮮の外交権と内政権を相次いで強奪し、1910年には「韓日併合条約」をでっち上げ、朝鮮を完全な植民地にしました。こうした歴史の真実にもかかわらず、日本の反動勢力は罪深き過去を隠蔽し、美化するなど誤った歴史観を煽り立て、悪さに耽っています。

これは戦犯国、日本によって最大の被害を被った朝鮮人民と世界の良心に公然と挑むもので、絶対に許されません。

(時事評論)

#ref(ike220113042_001.jpg,wap,190x120)
#ref(ike220113042_001.jpg,wrap,190x120)

RIGHT:'''2022.02.22の記事'''
#br
LEFT:[[不平等で侵略的な「韓日議定書」]]、[[日本帝国主義者が強制した「韓日議定書」]]、[[「韓日議定書」は侵略文書]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]、[[強盗さながらの侵略的書類]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2022.02.22)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS