#author("2017-04-10T22:04:24+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-04-20T12:31:14+09:00","default:pop hok","pop hok")
*西平壌褶曲 [#i6e656fe]
''西ピョンヤン褶曲''はピョンヤン市((平壌市(평양시)))ヒョンジェサン区域((兄弟山区域(형제산구역)))のチュンダン((中堂洞(중당동)))というところにある天然記念物です。チュチェ69(1980)年1月に天然記念物に指定されました。

褶曲とは、地殻にはたらく力によって地層が液状に押し曲げられた状態のことです。地層に水平又は垂直の力がはたらいたとき、又は高い温度と圧力の影響を受けるときも褶曲ができます。

西ピョンヤン褶曲は朝鮮で中生代白亜紀にあったテボ構造運動によって形成されました。白亜紀は今から1億4000万年前から7000万年前までの期間に当ります。

この時期に形成された地層に白亜、石炭、石油など色々な地下資源が眠っています。

このように褶曲についての研究は、地殻運動とその歴史を解明し、地下資源を探す上で重要な意義があります。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[西ピョンヤンの褶曲山地]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS