#author("2019-02-27T14:36:53+09:00","default:pop hok","pop hok")
*科学研究のために尽くした労苦 [#t527eecb]
ピョンヤンのリョンナム山((龍南山(룡남산)))地区に''金日成総合大学''があります。大学には多くの動植物の標本がある自然博物館があります。博物館には動植物の標本はもとより、朝鮮の始祖の鳥の化石など化石の標本と鉱物の標本も展示されています。

この自然博物館にも科学研究の発展に尽くした偉大な金日成主席の労苦が秘められています。金日成主席は朝鮮の解放直後、新しい国造りで多忙な中にも、ある農民から送られたトラを大学に送り、剥製標本と骨格標本をよく作って教授に利用するようにしました。チュチェ65(1976)年11月、主席は新築された自然博物館を訪れました。

金日成総合大学自然博物館の学芸員''リ・ミョンチョル''さんはこう語ります。
>「この日、博物館を訪れた金日成主席はこのメタセコイヤの化石を見て、厳しい戦争の日々に自ら1本のメタセコイヤを育てて国中に広めた時のことを感慨深く思い起こしました。また、ハムギョン北道で出土したマンモスなどの化石を見ては、人類の進化発展の歴史を再検討する必要があると言いました。1つの化石を見ても従来の理論に拘わることなく、主体的な立場で科学的な結論を下す主席の該博な知識と広い見識に同行した人たちはすっかり驚きました」

その後も主席は科学研究と教育のため、執務室に持っていた種子の標本と主席の健康を祈って人民から送られた珍しい野生の朝鮮人参も大学に送りました。チュチェ63(1974)年11月、シンポの漁夫たちが130キログラムもあるカレイをとったとの報告を受けた時は、会議を中止して会議の参加者と共にカレイを見て、教授と科学研究に利用するよう措置を取りました。

このように金日成総合大学の自然博物館に展示された1つ1つの標本には大学の教育と科学研究のために尽くした主席の労苦が秘められています。

(偉人伝)

#ref(IKE190108004_001.jpg,wrap,184x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.02.26)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS