#author("2018-04-13T20:33:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-04-13T19:47:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
*癒えない壬辰倭乱の傷痕 [#icbfd75e]
久しい前から朝鮮を虎視眈々と狙っていた日本侵略者は、1592年4月13日、15万8千7百人の陸軍と数万の水軍で朝鮮に対する不意の侵略戦争を起こしました。日本で''文禄・慶長の役''というこの侵略を朝鮮では''壬辰倭乱''、つまり「壬辰の年の倭による乱」と言います。

この侵略は朝鮮人に甚大な被害を与えました。戦争期間、日本侵略者は虐殺と破壊の限りを尽くしました。緒戦で釜山城と東莱城を落とした侵略者は、老若男女を問わず手当たり次第に殺しました。当時、朝鮮封建王朝の都であった漢城だけでも、城を1年近くも占領していた侵略者は3回に亘って数万人の民衆を残酷に殺害し、退却を余儀なくされると城内の住民を皆殺しにしました。

豊臣秀吉は「城を必ず占領し城内の住民を一人残らず殺せ」と命令を下しました。それによって1593年6月、12万3千人の兵力で晋州城に襲い掛かった侵略者は、マスケット銃と剣、槍、弓で、素手の朝鮮人を年寄りから子供まで見境なく殺しました。辛うじて死を免れた人達は倉庫に閉じ込めて焼き殺しました。結局城内の至る所に屍が散らばり、生き残った人は一人もいませんでした。

侵略者は戦時中に人を殺して喰う野蛮な行為も躊躇いませんでした。それについて「朝鮮征伐記」という本では、「日本軍の或る部隊が朝鮮軍の強い攻撃と封鎖で食料が切れると、捕虜にして強制労働をさせていた朝鮮人を殺して、口元と手を血塗れにして取り合って食肉を喰った」と伝えています。壬辰倭乱の時日本の殺人鬼は至る所で朝鮮人を残酷に殺し、鼻と耳まで切って日本に持って行きました。
侵略者は戦時中に人を殺して喰う野蛮な行為も躊躇いませんでした。それについて「''朝鮮征伐記''」という本では、「日本軍の或る部隊が朝鮮軍の強い攻撃と封鎖で食料が切れると、捕虜にして強制労働をさせていた朝鮮人を殺して、口元と手を血塗れにして取り合って食肉を喰った」と伝えています。壬辰倭乱の時日本の殺人鬼は至る所で朝鮮人を残酷に殺し、''鼻と耳まで切って''日本に持って行きました。

それだけではありません。戦争期間、数多くの朝鮮人が見慣れぬ異国の地に拉致され、多くの朝鮮人女性が侵略者に操を奪われ、多くの家屋と村が焼き払われ農地が荒廃した等、朝鮮人民の被害は計り知れないものでした。

このように16世紀に朝鮮人民に数え切れない程の不幸と苦痛を強いた日本は、20世紀始めに朝鮮を武力で占領し40年以上も悪辣な植民地支配を実施して、朝鮮民族に癒えない傷痕を残しました。

今日本の反動勢力は過去の罪な歴史を否認し、再侵略と共和国押し潰し策動に躍起になっています。日本に対する朝鮮民族の怒りは一層燃え上がっています。朝鮮の軍隊と人民は、朝鮮民族に侵した日本の過去の罪に対する高い血の代償を必ず払わせるでしょう。

(時事評論)

RIGHT:'''2018.04.12 サイト音声の聞き書き'''
LEFT:[[壬辰倭乱]]、[[壬辰祖国戦争]]、[[文禄・慶長の役]]
#br
LEFT:[[文禄・慶長の役]]、[[壬辰祖国戦争]]、[[壬辰倭乱]]、[[壬辰倭乱を通じて見た殺人略奪行為]]、[[鼻塚]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS