#author("2017-03-29T12:40:58+09:00","default:pop hok","pop hok")
*生涯を閉じる前に残した不滅の直筆 [#c9da7d9e]
偉大な金日成主席は朝鮮の統一のために生涯のすべてを尽くしました。いつでしたか、金日成主席は外国記者の質問に、あなたたちは私が人民に与える一番のプレゼントは何かと聞いたが、それは国の統一だと答えました。朝鮮の解放と共にアメリカによって国が北と南に二分された時から外部勢力による民族分断の悲劇に誰よりも胸を痛めた主席は、生涯を閉じるまで国の統一のため労苦の限りを尽くしました。

チュチェ37(1948)年、ピョンヤンで行われた北と南の諸政党、大衆団体代表者連席会議とチュチェ61(1972)年に行われた北と南の高位級政治会談、そして、国の統一のために発表した祖国統一3大原則と祖国統一5大方針、そしてコリョ民主連邦共和国創立案の提案など主席が朝鮮の統一のため示した路線と方案は数え切れないほどです。主席は偉大な生涯の最後の時期であるチュチェ83(1994)年6月20日から7月5日までの間にも国の統一問題について何度も教え、その実現のため精力的に活動しました。

こうして、北と南の間に、北と南の最高位級会談をピョンヤンで開催することについての合意書が採択されました。チュチェ83(1994)年7月7日、主席は国の統一に関する文書を一字一字検討し、「''金日成 1994年7月7日''」という直筆を残しました。これが主席の最後の直筆でした。

その後、朝鮮人民は、主席が国の統一偉業に尽くしてなした不滅の業績と遺訓を必ず実行する誓いを込めて北と南の間の境界線にあるパンムンジョムに「金日成 1994年7月7日」という直筆が刻まれた石碑を立てました。

今も朝鮮人民は国の統一の歴史になした金日成主席の不滅の業績を統一偉業の完成でさらに輝かす誓いを胸に、敬愛する金正恩元帥の導きの下、国の統一目指して奮闘しています。
//IKE130604002_12.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[直筆が見せるもの]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140706_生涯を閉じる前に残した不滅の直筆
//140707_生涯を閉じる前に残した不滅の直筆



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS