#author("2020-06-23T15:49:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
*献身の足跡が印された工場 [#x374884d]
朝鮮中部に''ピョンソン合成皮革工場''があります。国中に知られた工場の発展の歴史には偉大な金日成主席の指導の足跡が印されています。

1970年代初め、金日成主席が合成皮革工場の建設を構想していた時のことです。当時、主席は、人民に何があっても良質の革靴を履かせるつもりだ、労働党時代に人民に必ず革靴を履かせなければならないと言いました。その時まで世界的に合成皮革を生産する国は数カ国に数えられるほどでした。

それで関係者は工業発展の歴史が長くない朝鮮の実情では合成皮革の生産が不可能だと思っていました。主席は関係者の誤った考えを正し、人民に革靴を履かせるには合成皮革を生産する工場がなければならないと再度、念を押しました。こうして主席が敷地を定めた場所に工場が建てられました。

主席はチュチェ68(1979)年2月、操業を控えた工場を訪れました。この日、すべての生産工程を見た後、管理職の協議会を開いた主席は、早く工場を操業して生産を正常化し、工場を几帳面に管理しなければならないと言いました。そして、工場にピョンソン合成皮革工場と命名しました。その後、主席は生産のことで百数十回も貴重なことを教え、工場のこれからの課題を示しました。

チュチェ100(2011)年10月、工場を訪れた偉大な金正日総書記は、ピョンソン合成皮革工場は金日成主席が人民のために手数をかけて建てるようにした大事な工場である、われわれは人民の裕福な暮らしのために生涯を尽くした主席の苦労を忘れてはならない、と切々と言いました。そして、工場でより高い現代化の目標を達成するための課題を示しました。

主席と総書記の気高い意志を受け継いでいく敬愛する最高指導者金正恩元帥は軽工業工場を訪れる際、よく、ピョンソン合成皮革工場に必ず行ってみると言って、工場で色々な良質の合成皮革を生産するための具体的な対策も取りました。そして、チュチェ105(2016)年7月、工場を訪れ、工場が主席と総書記の格別の配慮の中、人民生活に大いに寄与する国の宝のような工場になったと喜びました。

主席と総書記、元帥の不滅の指導の業績が印されたピョンソン合成皮革工場で働く労働者たちは新年早々から増産に励んでいます。

労働者の''リ・チュンオク''さんのお話です。
>「今、工場の労働者たちは増産の熱意を示しています。人民の生活を高める上で工場が担う役割は大きいと思います。私たちは年初めからうまく段取りをして、合成皮革の生産でかつてない成果を収めるつもりです」

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171212020_101.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171212020_120.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171212020_127.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE171212020_121.jpg,wrap,225x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[近代化された工場]]、[[総書記が偲ばれてなりません]]、[[宝のような工場]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2018.01.24)
//180131_献身の足跡が印された工場


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS