#author("2019-01-10T14:45:10+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-01-23T15:55:13+09:00","default:pop hok","pop hok")
*牧場が伝える話 [#d27c28f1]
朝鮮の各地に牧場が造られて人民の食生活に潤いをもたらしています。ピョンヤン郊外の''リョクポ牧場''もその1つです。

チュチェ43(1954)年4月15日、設立されました。戦後の復興建設で国の事情がとても苦しい中でも偉大な金日成主席は、畜舎は水もあり、交通も便利なところに建てなければならないとし、直々その敷地を見立て、牧場の運営の詳しいことを教えました。

チュチェ53(1964)年1月25日、牧場の第1エリアを訪れた主席は、牧場の管理と運営について聞いて、豚1匹の重さも見計らい、食肉の生産を正常化するための対策も1つ1つ取りました。その後、何度も牧場を訪れ、蛋白飼料用の草地も見て、国中が見学するようにしました。

このように主席は国の畜産業の発展のために献身と労苦の限りを尽くしました。主席の精力的な指導の下、リョクポ牧場の設備や技術の土台はさらに強固になりました。各エリアには畜産の専門化が実現し、科学技術に依拠した畜産の集約化が完成されました。

チュチェ59(1970)年11月25日、またもや第1エリアを訪れた主席は、新築された豚の畜舎にも入って、多くの肥えた豚を見て満足の意を表しました。長時間、豚の畜舎にいる主席の健康を案じる周りの人たちに、主席は、食肉の生産を増やせるなら、それに越したことはない、と言って、その場を去ろうとしませんでした。

そして、畜産の科学化と種蓄も、国内の実情に応じて解決するためのことについてまで関心を持ちました。その後、第1エリアは設備や技術の面でさらに完備し、優良品種の育種でも成果が収められました。

リョクポ牧場の第1エリアの責任者''リョム・ジュボク''さんのお話です。
>「ピョンヤン市民においしく栄養価の高い食肉を食べさせようと、金日成主席はとても腐心しました。主席は、第1エリアだけでも何度も訪れましたが、午前に続き、午後にも来た日があるほどでした。そして、食肉の生産を増やすための方途を具体的に示しました。畜産で種蓄と飼料、科学的な飼育方法の導入、家畜防疫、いずれも疎かにしたり、手放してはならないことです。私たちはこれからも、食肉の生産を引き続き増やすつもりです」

主席が10数回も現地指導した牧場には、豚を専門に飼育する2つのエリアとアヒルを専門に育てる1つのエリア、家畜防疫用の薬品の生産施設があります。また、数十棟の生産用、その他の建物が建てられ、姿が一新しました。

朝鮮人民は、リョクポ牧場に秘められた主席の深い思いやりについて末永く伝えるでしょう。

(偉人伝)

#ref(IKE181220002_002.jpg,wrap,172x120,fig1,牧場名を伏せている?)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.01.09)
//190122_牧場が伝える話



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS