#author("2017-04-11T17:22:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
*母親の幸せ [#w43ea5dd]
今年の10月、''金日成総合大学教育者住宅''の竣工式の時、敬愛する金正恩元帥に会った青年博士がいます。34歳の''カン・ジンウ''さんです。

母の''チュ・ミョンシム''さんのお話を聞いてみましょう。
>「その時のことを思いますと、胸がいっぱいになり、なんとも言いようがありません。元帥が握って下さった息子の手を取って涙ばかり流しました。息子が元帥の知っている人になったとは、まるで夢のようです」

母親みながそうであるように、チュ・ミョンシムさんも子の成功を祈り、3人の子を育てました。勉強に励み、礼儀正しく、真面目に生きるよう教育しました。特に読書に趣味を持つようにして、子供たちはいつも手から本を離しませんでした。

子供の読む本のためなら何も惜しまず、読み書きを覚えるのが誇らしくて、その時のノートを今も大事に保管しています。母の思いやりと無料教育制の恩恵で、3人の子は才能を思う存分伸ばしました。

5つの時に詩を書き、突飛な質問をよくして神童と呼ばれた末っ子のジンウは、中学校の時、英才教育を受けました。そして、希望通り''金日成総合大学''に入学しました。カン・ジンウさんの実力はミュンヘン大学実習の時、世界的に認められました。

ピョンヤン音楽学院の教員である長女の''ミソン''さんは、ピョンヤン学生少年宮殿でバイオリンを習い、キム・ウォンギュンピョンヤン音楽大学を卒業しました。次女の''ヨンソン''さんは、チャン・チョルグピョンヤン商業大学を卒業し、サービス部門に勤めています。

カン・ジンウさんが受けた''金日成青年栄誉賞''と''金正日青年栄誉賞''、''博士号''、ミソンさんが受けた''第9回チャイコフスキー国際コンクール証書''と朝鮮の最高レベルの芸術賞である「''2月16日芸術賞''」、3人の子の大学卒業証書は家庭の一番の誇りとなっています。

子を育てるには大変な苦労が伴うといいますが、自分は3人の子を育てながら余りにも幸せだったと母のチュ・ミョンシムさんは言っています。そして、ありがたいこの国のお陰で今の幸せがあると言っています。
>「子を立派に育てようというのは母親みなの夢です。でも、母の思い一つだけではだめでしょう。また、生まれつきの才能があるとしても、よく育ててこそ日の目をみるのではないでしょうか。ありがたい制度で思う存分学び、3人の子が今のように成長しました。母としての願いも叶いました」

チュさんは、立派な子がいてどんなに誇らしいでしょうとよく言われます。しかし、わが子のことを自慢する前に科学探究にもっと励んでほしいという思いが先立つチュ・ミョンシムさんなのです。
//IKE131011010_12.jpg
//IKE131011010_22.jpg
//IKE131011010_32.jpg
//IKE131011010_42.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//131116_母親の幸せ



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS