#author("2019-10-08T18:57:13+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-10-15T09:03:32+09:00","default:pop hok","pop hok")
*歴史に例のない野蛮行為 [#jeeca4da]
>「平和時に外国人が自分の軍隊と高官の庇護と指導の下に群れを成して他国の宮城に押しかけては皇后を殺して焼き払い、この他にもあらゆる卑劣な殺人行為と暴行を働き人の前で自分がやった事を否定する厚顔無恥な行動は、今尚どこでも見出せない事だ」

これは124年前、当時の朝鮮駐在帝政ロシアの公使であった''ウェーベル''((カール・イバノビッチ・ヴェーバー))が朝鮮封建王朝の''明成皇后殺害事件''が発生した翌日、自国の外務大臣に送った報告書の内容の一部です。

19世紀末、朝鮮を植民地化する為の侵略策動に躍起になっていた日本侵略者は自分の野望が意のままにならないと、その主な原因が当時朝鮮封建王朝の権力を握っていた''明成皇后''((ミョンソン皇后(명성황후)、閔妃(민비)))の『親露排日』の政策にあると見做しました。それで明成皇后を殺す強盗さながらの陰謀が凝らされ実行に移されました。
19世紀末、朝鮮を植民地化する為の侵略策動に躍起になっていた日本侵略者は自分の野望が意のままにならないと、その主な原因が当時朝鮮封建王朝の権力を握っていた''明成皇后''((ミョンソン皇后、ミョンソンファンフ(명성황후)、閔妃、ミン妃、ミンピ、ミンビ(민비)))の『親露排日』の政策にあると見做しました。それで明成皇后を殺す強盗さながらの陰謀が凝らされ実行に移されました。

1895年10月8日の夜、当時朝鮮駐在日本公使の''三浦''((三浦梧楼(みうらごろう)))を頭とする殺人集団は朝鮮皇宮を襲撃し、明成皇后を捜し出して日本刀で斬り倒した後、まだ息が切れていない皇后を証拠隠滅の為焼き払い残りの遺骨を池に投げ捨てました。これが歴史に''乙未事変''として記録された明成皇后殺害事件です。明成皇后の殺人の残忍さについては当時この事件を直接目撃したり、後日これについて調べた複数の外国人の証言を通じてもよく分かります。

''社会科学院歴史研究所''の研究者''ヤン・ギソン''((聞き書きなので名前は違うかも知れません。))さんのお話です。
>「明成皇后殺人行為を現場で目撃したロシア人の''サバチン''((発音は「しゃばちん」と言っている。))は、『朝鮮の皇宮に押し寄せた日本人が明成皇后を捜す為走り回り、出会う朝鮮の女性を手当たり次第に斬り倒し窓の外に投げ捨てて殺害した』と証言しました。また一人の目撃者であるイギリスの記者''マッカンジ''((おそらく「マッケンジー」。))は、『日本人が皇后と見做される女性を殺害しまだ息が切れていない彼女を一重の布団に包めて森の中に運びそれに石油をぶちまけて火を放った』と証言しました。また当時この事件を調査したロシアの検事は、『明成皇后の遺骸から土の中にやや埋められた頭蓋骨の前の部分と片方の手首が見つかり、これは皇后が刀剣に刺されて負傷したものの息が切れていないのをそのまま焼き払って殺したという事、焼き殺されながらも頭と片方の手を土の中に入れて必死に足掻いたという予測を確証している』と証言しました。以上のような''幾つかの断片的な証言資料だけ''を見ても、明成皇后に対する日本侵略者の殺害が野蛮さと残忍さの極みである殺人行為・犯罪行為だという事がはっきり分かります。

正に明成皇后殺人事件は歴史に嘗て無い野蛮行為であり、朝鮮の自主権と尊厳を組織立って強制に侵した特大の犯罪でした。日本の侵略者はこの乙未事変後、朝鮮封建王朝の全ての歴史資料を独占し明成皇后殺人事件についての記録を洗い浚い無くすようにして、この事件の責任から逃れようとしました。しかし歴史の真実は如何なる欺瞞行為でも隠す事が出来ません。

朝鮮人民は日本侵略者の罪悪を永遠に忘れず、それに対して必ず謝罪させるでしょう。

(時事評論)

RIGHT:'''2019.10.07 サイト音声の聞き書き'''
LEFT:[[乙未事変>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%9C%AA%E4%BA%8B%E5%A4%89]] -- Wikipedia
LEFT:[[極悪非道な殺人鬼、人権犯罪者]]、[[乙未事変>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%9C%AA%E4%BA%8B%E5%A4%89]] -- Wikipedia
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(191007 サイト音声の聞き書き ije190906055.mp3)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS