#author("2018-09-22T19:25:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-09-30T08:07:37+09:00","default:pop hok","pop hok")
*正義と世界の良心に挑む [#x6109129]
8月30日、国連人種差別撤廃委員会が対日審査報告書を公表しました。

報告書は、旧日本軍の性奴隷犯罪に対して被害者中心の対応姿勢を取り、持続可能な解決を図る事を日本政府に勧告しています。また日本側に旧日本軍性奴隷の人権を侵害した責任を認める事を求めています。

問題は国連人種差別撤廃委員会の勧告に対する日本当局の態度です。日本は国連人種差別撤廃委員会の正当な勧告に大変気に染まぬ態度を取りました。

内閣官房長官菅は報告書が発表された翌日の記者会見で、「旧日本軍性奴隷問題は人種差別撤廃条約の適用対象で無いので審査に付するのは適切でない」とし、「遺憾、〓〓」等と青筋を立てました。

外相河野も記者会見で、「旧日本軍性奴隷問題は国連〓〓委員会で取り扱うべき問題でない、引き続き取り扱われるなら委員会の存在の意義に係わる問題になるだろう」と脅し文句を並べ立てました。

一言で言って国連人種差別撤廃委員会が懸案以外の事を取り扱う為、日本はその勧告を受け入れられないという事です。日本の不遜な態度は正義と世界の良心に挑むものです。20世紀の最も恥ずべき記録となっている旧日本軍性奴隷犯罪は1、2国に限る問題でなく、世界がその解決を待っている特大の反人倫の犯罪行為です。

旧日本軍性奴隷犯罪を告発する少女の像が世界各地に建てられ、多くの国で日本が旧日本軍性奴隷犯罪に対して真面目に認め謝罪し賠償する事を求める議会決議まで採択されたのも、旧日本軍性奴隷問題の早急な解決を待っている国際社会の強い要求を反映したものだと言えます。こうした中、他ならぬ国連の人権機関が旧日本軍性奴隷犯罪に関する責任を認め、持続可能な方法で解決する事を日本に求めたのは至極正当です。

旧日本軍性奴隷犯罪に対する日本の不当な態度は、日本の反動勢力が人間の理性と道徳に欠けた堕落者、無頼漢である事をそのまま示しています。日本のつむじ曲がりな考え方の根底には他国と他民族を自分勝手に侵略し踏みにじった過去への狂信が潜んでおり、引いては罪な歴史を繰り返そうとの凶悪な企みがあります。
旧日本軍性奴隷犯罪に対する日本の不当な態度は、日本の反動勢力が人間の理性と道徳に欠けた堕落者、無頼漢である事をそのまま示しています。日本のつむじ曲がりな考え方の根底には他国と他民族を自分勝手に侵略し踏みにじった過去への狂信が潜んでおり、延いては罪な歴史を繰り返そうとの凶悪な企みがあります。

実際の所、血生臭い過去の犯罪に対する日本の否定と責任回避は旧日本軍性奴隷問題に限らず、日本はその侵略の歴史と犯罪行為を全面否定しています。却って罪深き過去の歴史を必死になって美化し、軍事大国化に拍車を掛けています。盗人猛々しいとはこの事で、被害国だけでなく広範な国際社会が怒りを顕にしています。

旧日本軍性奴隷犯罪は決して、日本が責任を回避し否定するからといって終わるものではありません。日本が否定すればするほど国際社会の反発は一層強まり、日本はいつまでも被告席から逃れないでしょう。

(時事評論)

RIGHT:'''2018.09.21 サイト音声再生不可、短波放送聞き書き、聞き取り不能箇所あり'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2018.09.21)
//180921_正義と世界の良心に挑む



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS