#author("2020-08-19T16:07:49+09:00","default:pop hok","pop hok")
*森の主人 [#r46760a0]
ハムギョン北道((咸鏡北道(함경북도)))ヘリョン市((会寧市(회령시)))の''クンシム協同農場''に、20数年間も青い森を育てて来た人がいます。造林分組長の''チョン・ヨンソク''さんです。弓形の山並みの中心にあって、クンシム((弓心洞(궁심동)))と呼ばれるこの地帯です。深い山奥のとても辺鄙なところです。けれど今は森林造成の経験を学びに訪ねる人で賑わっています。

チョン・ヨンソクさんは進んで造林分組に入りました。故郷の山々を青い森にして、営農資材と建設用木材、薪を自力で賄うことを決心しました。分組長になったチョンさんは、昼は土地に出て森のビジョンを描いてみ、夜は定年で休んでいる人を訪ねて森林造成の意見を聞いたりしました。

木を植える畑で石をより分ける仕事の合間にも、チョンさんは農場の造林の展望図を描きました。自家菜園にも苗木を植えました。陰の努力が報いられて、農場に数百ヘクタールのカラマツ林と薪炭林が造成され、数千坪の苗木畑には数万本の苗木が育っています。

20個も穴を掘ってついに泉を探し出して流した涙も、初の種まきをした畑に芽生える苗木を見て浮かべた微笑も、農場の青い森に映っています。それだけではありません。休憩室と山羊小屋、養殖池を作り、数百本の果樹を植え、500坪のキキョウ畑も造成して分組員の生活を潤しました。

チョン・ヨンソクさんはこう語ります。
>「これまでのことは始まりに過ぎません。愛国の心を持って森林造成と保護に励んで、故郷の山々を一層生い茂らせるつもりです」

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200702003_001.jpg,wrap,225x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200702003_002.jpg,wrap,224x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.08.18)
//森の主人(チョン・ヨンソク)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS