#author("2017-04-07T20:58:37+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮美術博物館で [#b992af1b]
ピョンヤンの都心を流れるテドン川((大同川(大同江、대동강)))の辺にある''朝鮮美術博物館''を訪れたのは真昼の時でした。来客で賑わう博物館で顔見知りの学術研究部の研究室主任に会いました。
>―どういうテーマの記事を書いていますか―

主任の質問に取材中の素材があって''先軍革命思想''についての文を書いていると答えると主任は美術作品を見れば生き生きとした文章が浮かび上がるでしょうと言い、ある部屋へ案内してくれました。部屋には国宝級の美術作品が展示されていましたが、特別目を引く絵がありました。

チュチェ56年、1967年に''ユ・ジェギョン''さんが描いた「父からのピストルを譲り渡される偉大な金日成主席」と言うテーマの朝鮮画でした。先軍革命思想について語るにはまずそのルーツについて解明しなければ、とユさんが言いましたが、一理あるとうなずける作品でした。

絵に見入っていると、ふと、一枚の写真が目の前に浮かんで来ました。

金日成主席の''回顧録''を通して親しくなった中国東北地方の撫松の町の小さい部屋、主席の父である朝鮮の反日民族解放運動の卓越した指導者''キム・ヒョンジク''先生はこの部屋でチュチェ15年、1926年6月5日、貴い生涯を閉じました。その時、先生は2挺のピストルを遺産として残しました。

朝鮮美術博物館の解説係キム・スンミョンさんのお話です。
>「国の解放を成し遂げる前には絶対革命を止めることが出来ず、武装した敵は武装で打ちのめすべきだと言う先軍の意志をキム・ヒョンジク先生が残した2挺のピストルが教えています」

キムさんは先生が残した2挺のピストルはチュチェ15年、1926年10月に結成された''打倒帝国主義同盟''の綱領と共に先軍革命思想のルーツとなったとし、他の美術作品を見せてくれました。

チュチェ19年、1930年夏に中国の卡倫(かりん)という所で行われた歴史的な会議の模様を見せる作品です。卡倫会議は朝鮮革命の歴史で最も意義ある会議の一つでした。金日成主席は卡倫会議で武装闘争路線を反日民族解放闘争の基本路線として示し、先軍革命思想の誕生を世界に宣言しました。

主席が創始した先軍革命思想は二つの内容からなっています。一つは革命と建設で何よりも銃を重視し、軍事を確固と優先させることです。もう一つは革命軍隊を中核として革命の主体をしっかり固め、革命軍隊の主導的役割に頼って革命と建設を推し進めることです。

キムさんは当時の歴史的事実は美術作品や劇映画、歌詞などで世界に広く知られたとし、もう一つの作品へ案内してくれました。チュチェ21年、1932年4月25日、朝鮮初の革命的武力である反日人民遊撃隊の創建を宣言する青年将軍金日成主席を描いた作品です。主席の先軍革命指導はまさにその時から始まりました。

朝鮮革命の不滅の旗印である先軍革命思想、偉大な金正日総書記が主席の先軍革命思想を受け継いでチュチェ49年、1960年から先軍革命指導を始めたのは朝鮮人民の歴史においてまたひとつの幸運なことでした。総書記の導きの下、先軍の朝鮮は世界に光を放ちました。

歴史の厳しい試練を経て真理であることが確証された先軍革命思想は今、敬愛する金正恩同志によってそのまま引き継がれています。

先軍革命思想を万能の宝剣とした朝鮮人民の未来はいつも勝利と栄光で輝くということを確信し、博物館を後にしました。
//IKE130306024_12.jpg
//IKE130306024_22.jpg
//IKE130306024_32.jpg
//IKE130306024_42.jpg
//IKE130306024_52.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
LEFT:[[先軍政治]]、[[トゥ・ドゥ(打倒帝国主義同盟)]]、[[金日成回顧録「世紀とともに」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//130410_朝鮮美術博物館で
//130411_朝鮮美術博物館で
//130414_朝鮮美術博物館で
//130422_朝鮮美術博物館で
//130812_朝鮮美術博物館で



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS