#author("2020-01-23T18:56:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮画「白頭山の天池の冬」 [#ndae3d3a]
朝鮮画「''ペクトゥ山の天池の冬''」は、''美術アトリエセンター・マンスデ創作社''の朝鮮画創作団の''人民芸術家の称号''を受けた''チェ・チャンホ''さんが、チュチェ96(2007)年に描いたものです。作品には、押し寄せる雲霞を散らし、勇壮な姿を表したペクトゥ山((白頭山(백두산)))とカルデラ湖の天池((天池(천지)))が描かれています。

チェ・チャンホさんはこう話しています。
>「私は、雪に覆われたペクトゥ山の変幻自在の雲と霞を通じて、革命の聖なる山としてのペクトゥ山の厳かな姿を伝えたいと思いました」

俯瞰形式の構図とはっきりとした明暗、簡潔な色彩などは、作品の思想性・芸術性を見事に生かしています。

チュチェ97(2008)年に行われた第11回北京国際芸術博覧会で、朝鮮画「ペクトゥ山の天池の冬」に、最高芸術創意賞が授けられました。

(芸術)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191204007_001.jpg,wrap,197x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191204007_002.jpg,wrap,220x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[万寿台創作社]]、[[美術アトリエセンター]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(芸術 2020.01.22)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS