#author("2019-03-25T19:46:59+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮の混成管弦楽 [#xcf92040]
朝鮮の舞台芸術の形式には、朝鮮の民族楽器を基本にし、それに洋楽器をミックスさせた独創的な混成管弦楽があります。

偉大な金正日総書記の指導の下、1970年代初めに創造された混成管弦楽は朝鮮人民の民族的情緒と現代感覚を具現しているだけでなく、幅広く多様な表現力を持つ管弦楽です。

朝鮮の混成管弦楽は、新たな管弦楽の編成と楽器の発音原理に基づいて得られる美しく豊富な複合的音色を持つのが特徴です。混成管弦楽には民族楽器と洋楽器を全面的に組み合わせた全面混成管弦楽と洋楽管弦楽に民族木管楽器を組み合わせた部分混成管弦楽があります。

全面混成管弦楽は民族楽器を確固と優先させながら民族楽器に洋楽器を組み合わせた独創的な管弦楽です。全面混成管弦楽を取り入れた作品には、不朽の名作「血の海」より革命歌劇「血の海」、不朽の名作「花を売る乙女」をアレンジした同名の革命歌劇の音楽と舞踊曲である「祖国のつつじ」と「りんごの豊作」などが代表例です。

部分混成管弦楽は洋楽器が数の上では優位を占めていますが、民族木管楽器のユニークな音色により、民族の情緒を立派に表しています。これには、管弦楽「チョンサン里に豊作」、「アリラン」などがあります。

''国立交響楽団''の''チョ・グァン''副団長のお話です。
>「主体的な混成管弦楽の創造は、朝鮮の民族管弦楽を独自に発展させ、器楽曲を多様化する豊かな可能性をもたらしました。また、個々の国で民族楽器をどのように発展させ、世界的に一般化している楽器をどのように自国の音楽に取り入れるべきか、ということに正しい解答を与えています。混成管弦楽の創造により、朝鮮の管弦楽はこれまでのどの管弦楽でも見られなかった独特な音色と豊かな音量を持つ民族的かつ人民的、現代的な新しいタイプの管弦楽となりました」

今、混成管弦楽は、整った楽器編成をもつ朝鮮のすべての芸術団体で基本的な演奏形式となっています。

(芸術)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190209007_001.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190209007_002.jpg,wrap,190x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[革命歌劇]]、[[朝鮮人民軍協奏団]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(芸術 2019.03.24)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS