#author("2017-04-06T18:16:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮の国犬 豊山犬 [#z2733707]
朝鮮の国犬、''プンサン犬''は数千年の間に進化し発達してきた''朝鮮固有の土着犬''です。原産地はリャンガン道((両江道(량강도)))のキムヒョングォン郡((金亨権郡(김형권군)))一帯です。プンサン犬の名はこの地方の昔の名のプンサン((豊山(풍산)))から由来しています。

プンサン犬の原産地が山奥だったので、これが比較的純粋の血統を継いで来るようにした主な条件となりました。高山地帯に適応されたプンサン犬はこの地方で長い間、飼って来た猟犬です。おとなしく、利口で、主人によくなれていますが、狩りに出るととても粘り強いプンサン犬。

いざ戦いとなると絶対諦めることがなく、相手の息の根を止めるまで執拗に襲い掛かり、後に引かないのが気質です。このような気質でプンサン犬は朝鮮を代表する犬となり、世界的にもはっきりした特徴のある猟犬品種として認められています。

朝鮮の山間部の気候に適応されているプンサン犬はその形も典型的な猟犬の特徴を持っています。肩の高さは55ないし60センチで長さは60ないし65センチ、体重は、25ないし30キログラムです。

プンサン犬は、後ろ足が太く、とても丈夫なので山で走るのが得意です。瞳は黒または灰色でパッチリとしています。腹部は雌の方がやや垂れており、雄の方がすんなりとして、敏活な動きが取れます。

嗅覚器官がとても発達しており、嗅覚によってえさを探してその質を評価し、相手の襲撃も選り分けます。毛色は薄いベージュ色のものもあるが、だいたい白色です。プンサン犬は朝鮮の天然記念物に指定され、特徴の維持に力が入れられています。

朝鮮の国犬であるプンサン犬は長く伝えられる民族遺産の一つです。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[豊山犬]]、[[朝鮮の天然記念物―プンサン犬]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS