#author("2017-05-12T08:21:09+09:00","default:pop hok","pop hok")
*新型の植物性農薬の国産化 [#h4f162cd]
朝鮮の''農業研究院植物保護学研究所''で新型の植物性農薬を国産化する成果を収めました。

''リ・ガンナム所長''のお話です。
>「植物性農薬は肥料とともに農業生産を画期的に増やすための必須要素となっています。国の農業発展に切実に必要なこの植物性農薬をこのたび、研究所で自力で開発したのです。それも、副産物を農薬の原料として利用したので原料を切らさず農薬の量産が可能になりました。ニコチン・鉱物性油剤と呼ばれるこの殺虫剤は、穀物はもとより、街路樹などの駆虫に効能が高く、経済性も抜群です」

昨年2月、新型の植物性農薬の至急開発が求められ、''キム・ジェユン''さんをチーフとする強力な研究チームが組まれました。研究所ではキムさんが前から研究してきたニコチン農薬に基づいて従来の方式でなく、新しい方法で研究を進めることにしました。

全国的な農業副産物のリサイクルだけでも原料を切らすことなく新型の植物性農薬を量産できる見込みがあったからでした。それで、農業副産物を農薬量産の原料とする研究に本腰が入れられました。

電気と無煙炭を使わず、効率を最大限に高める新たなニコチン抽出法を探すための装置シミュレーションや効率的なニコチン含量の分析法を探すための抽出シミュレーションが同時に行われました。

幾多の困難があったものの、研究チームは自力自強の精神と愛国心に燃えて難関を乗り切り、技術上の難問を自流の独特な方法で一つ一つ解決しました。それで、わずか一年で新型の植物性農薬の開発にこぎつけました。

ニコチン農薬の効く時間を増やすための農薬浸し剤も自力で開発しました。また、現場での適応効果を確証するために全国各地を訪れ、その導入に努めました。

キム・ジェユン博士のお話です。
>「敬愛する最高指導者金正恩元帥は今年の新年の辞で、科学技術部門では原料と燃料、設備の国産化に主眼を置いて工場、企業の現代化と生産正常化のための科学技術上の難問解決に力を注ぐべきだと教えています。今後とも農業生産の更なる増大に微力ながら尽くしたいと思っています」

#ref(IKE170331029_001.jpg,wrap,160x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS