#author("2020-02-07T19:01:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
*教育に尽力する [#l17be415]
次の世代という若い木を巨木に育てるのは教育者の本分です。多くの教育者がそれを自覚して尽力していますが、ピョンヤンのテドンガン区域((大同江区域(대동강구역)))トンムン小学校((東紋小学校))校長の''パク・ソンヒ''さんもその1人です。教員のキャリアは30年以上です。

パクさんのお話です。
>「子供たちの清い瞳と向き合って、初めて教壇に立ったのは30数年前のことですが、そのときは教員になることの意味について知りきってはいませんでした。人みなが無料で学ぶ権利を持っている共和国で、誰よりも真面目で直向きになるべき人は他ならぬ教員だと思います。子供たちを国の立派な人材に育てるためには、教員から範を垂れなければならないからです。それで自分はもちろん、学校の教員みなにももっと頑張るよう求めています」

大学を卒業し、娘時代から今までこの学校で教員、副校長を経て校長を勤めているパクさんは、実力すなわち実績で、教育の成果であることを肝に銘じて、高い実力と資質を身につけるため努めました。

これまで、授業の方法を論じる全国的な討論会で何度も高く評価され、価値ある方法を教育現場に導入しました。7年前に校長になってから、教員の資質向上を一貫して進めています。

数年間で、学校から数十人の模範教育者が輩出し、実利のある優れた授業の方法を編み出して国中に一般化しました。また、教育の条件と環境改善にも粘り強く取り組んでいます。

全ての教室を多機能化した教室につくり、実験実習室も立派に整えました。また、校内の全ての空間を知識を与えるホールにつくり、廊下の壁に視覚教材を新しく掲示して、生徒たちの教育に役立てています。

努力の甲斐あって、学校は姿を一新し、実力の高い学校として名を馳せています。

(今日の朝鮮)

#ref(ike200114006_001.jpg,wrap,173x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.02.06)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS