#author("2017-04-06T07:27:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
*愛国名将ソ・ヒ [#df11b6d1]
#author("2017-05-01T13:29:41+09:00","default:pop hok","pop hok")
*愛国名将徐熙 [#df11b6d1]
''ソ・ヒ''((徐熙(서희)))は、918年から1392年まで存続した''コリョ''、高麗の時の外交活動家、名将です。

ソ・ヒの生存期間は942年から998年までです。ソ・ヒは960年に官吏登用の試験に受かり、昇格を続けて高い官職にまで就き、周辺国に使者として遣わされて巧みな外交活動を行いました。983年には軍事関係の官職に就きました。

''社会科学院歴史研究所''の研究者''チャ・グァンヒョク''さんのお話です。
「993年、数十万の外敵がコリョに侵入しました。ソ・ヒは防御軍を率いて、敵軍を倒すための戦闘を指揮しました。初めは不利な状況にありました。すると、一部の卑怯な官吏は、降参したり、また一部は、国の土地の一部を明け渡そうとしました。ソ・ヒは、これに断固反対し、徹底抗戦を主張しました」
>「993年、数十万の外敵がコリョに侵入しました。ソ・ヒは防御軍を率いて、敵軍を倒すための戦闘を指揮しました。初めは不利な状況にありました。すると、一部の卑怯な官吏は、降参したり、また一部は、国の土地の一部を明け渡そうとしました。ソ・ヒは、これに断固反対し、徹底抗戦を主張しました」

意気衝天の勢いのコリョの軍人と人民に気がくじけた敵軍は軍事的な冒険を続けるのは及びもつかず、その代わり、談判を通じて侵略の野望を遂げようとしました。敵将との談判に臨んだソ・ヒは、主導的で巧みな外交術で敵将の途方もない提案を一蹴しました。敵軍は完全に威圧されました。談判でも窮地に陥った敵軍はコリョから引きあげざるを得ませんでした。

その後、ソ・ヒはコリョ軍を率いて西北地方での築城に当たり、その地帯の防備を固めるのに貢献しました。
#ref(IKE170302013_001.jpg,wrap,48x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[ソ・ヒ(徐熙)]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//170430_愛国名将ソ・ヒ


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS