#author("2019-04-08T14:47:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
*忘れられないその日を思う [#la8de6e0]
>「わが家には訪ねてくる人誰もがうらやんで見てはまた見る1枚の記念写真があります。私をはじめ4人の子供が偉大な金日成主席の腕にすがり付いて明るく笑っている写真です。写真の中の私と同じ10歳の息子もほとんどそのまま覚えている当時のことを思い起こしますと、金日成主席への偲ぶ思い募るばかりです。

忘れられないチュチェ78(1989)年12月31日、子供たちの迎春公演を観るためマンギョンデ学生少年宮殿に赴いた主席は私を始め4人の豆才人に会いました。この日、豆詩人の''イルシン''さんが即興詩で詠じたように、夢か現か分からない、まったく夢を見る思いでした。

イルシンさんの即興詩を聞いた主席は''ウンビョル''さんと''ソンイル''さんの絵描きを見た後、私のところへ来ました。私は国中の子供みなの思いを込めて、「万年長寿」と言う筆字を書いて主席に差し上げました。私の筆使いを見た主席は本当に上手だ、といって、両頬に口づけしました。そのときの私はこの世の幸せを独り占めしているようでした。

私たちの絵と筆字を見た主席は、才能ある子供たちの絵と筆字を持って帰る、一日中、この子たちと一緒ならどんなによいだろう、と言って、4人と共に記念写真を撮りました。いつしか、時間が流れ、迎春公演の幕開けとなりました。幼い私たちは主席の服のすそにすがり付いて、なかなか離れようとしませんでした。別れを惜しむその気持ちを察した主席は、私たちの肩を優しく撫で、勉強に励むようにと重ね重ね言いました。私は熱心に勉強し、筆書きにも励んで、能筆家になることを決心しました。

あれから30年と言う歳月が流れました。私はマンギョンデ学生少年宮殿で才能を伸ばし、希望通り当時のピョンヤン美術大学に学びました。そして博士課程を経て、今は美術アトリエセンターのマンスデ創作社で創作に携わっています。金日成主席と一緒に撮った記念写真を眺めるたびに、忘れられないその日、30年前の子供のときに戻って行きたい思いです」

(今日の朝鮮)

#ref(IKE190309006_001.jpg,wrap,80x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[万景台学生少年宮殿]]、[[万寿台創作社]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.04.07)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS