#author("2021-05-05T19:57:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-05-06T19:53:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
*広開土王陵碑 [#k00cb20e]
''広開土王陵碑''は、紀元前277年から668年まで存続した''コグリョ''、高句麗時代の24代王である広開土王の功績を称えてその陵に立てた記念碑です。コグリョは東方の千年強国として世界に広く知られた朝鮮の古代国家です。

414年に建てられた広開土王陵碑は、四角柱のような形の丸一つの石からなっています。高さ6.34メートルで、石碑の4面すべてにかけて1800字余りの碑文が刻まれています。碑文の内容は大きく3段落に分けられています。

第一段落は序文です。ここにはコグリョの始祖王が国を建てたいきさつとその後の歴代王の後継ぎ関係、広開土王の功績に対する総評、石碑を建てる目的が書かれています。

第二段落は広開土王の功績を年代別、事件別に著しました。ここには、コグリョが侵略した国を断固懲罰して国威を発揚し、領土を大きく広めた事が書かれています。

第三段落には、王陵の管理と永続維持のための法令条項が書かれています。碑文の内容は内外の歴史記録には全然ない多くの史実を伝えています。そのためコグリョの歴史は勿論、当時の東方の歴史を正確に理解し、体系付ける上でなくてはならない貴重な資料となっています。

広開土王陵碑は、楽に文字を刻める位に自然の岩をおおざっぱに加工して建てた壮大なものでコグリョ時代の味を見事に漂わせています。広開土王陵碑は、朝鮮の先祖が残し、今もある最も古い石碑です。

碑文に含まれた貴重な歴史資料と叙述の豊富な内容、豪放でありながら闊達な文字と名文、威風のあるその姿により、朝鮮人民はもとより、東方諸国の人民の高価な文化財の一つとなっています。
//IKE120208013_12.jpg
//IKE120208013_22.jpg
//IKE120208013_32.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
#br
----
//*広開土王陵碑2
//(観光 2018.05.05)
''広開土王陵碑''は紀元前277年から紀元668年まで存続した''コグリョ''、高句麗時代の24代王である広開土王の功績を称えて建てたものです。

414年に建てられた広開土王陵碑は4角柱のような丸1つの石からなっています。高さ6.34メートル、石碑の4面全てにかけておよそ1800字の碑文が刻まれています。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任、博士、助教授''カン・セグォン''さんのお話です。
>「広開土王陵碑は当時、コグリョの政治、社会経済の状況、階級的関係、そして''新羅''、シンラと''百済''、ペクチェ、''倭''との関係などについて、歴史の記録にはないたくさんの貴重な資料を伝えています。この石碑は祖先が直接書いた金石文の遺産の中で最も古い物の1つとして、碑文に刻まれた貴重な歴史資料とその豊かな叙述内容、豪放で活発な文章と書体によって朝鮮はもとより、世界的にも価値ある世界文化遺産の1つとなっています」

碑文の内容は大きく3段落に大別されています。

第1段落は序文です。ここにはコグリョの始祖王が国を建てたいきさつとその後の歴代王の後継ぎ関係、広開土王の功績に対する総評、石碑を建てる目的が書かれています。

第2段落は広開土王の功績を年代別、事件別に著しました。ここには、コグリョが侵略して来た国々を断固懲罰して国威を発揚し、領土を大きく広めたことが書かれています。

第3段落には、王陵の管理と永続維持のための法律条項が書かれています。碑文の内容は内外の歴史記録には全然ない多くの史実を伝えています。そのためコグリョの歴史はもちろん、当時のアジアの歴史を正しく理解し、体系付ける上でなくてはならない基本の資料となっています。

広開土王陵碑は、楽に文字を刻めるくらいに自然の岩をおおざっぱに加工して建てた壮大なもので、コグリョ時代の味を見事に漂わせています。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180406025_001.jpg,wrap,68x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180406025_002.jpg,wrap,86x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]
#br
----



//*広開土王陵碑3
//(観光 2021.05.04)
''広開土王陵碑''は''コグリョ''、高句麗の24代王である広開土王の功績を称えて414年にその陵に建てた記念碑です。

王陵碑は四角柱のような一枚岩からなっており、高さは6.34メートル、石碑の4面に刻まれた碑文はおよそ1800字に達します。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任、博士、助教授の''カン・セグォン''さんのお話です。
>「広開土王陵碑は当時、コグリョの政治、社会経済の状況、階級関係、そして新羅と百済、倭との関係などについて、文献記録にはない多くの貴重な資料を伝えています。この石碑は祖先が直接書いた金石文の遺産の中で最も古い物の一つとして、碑文に刻まれた貴重な歴史資料とその豊かな叙述内容、豪放で闊達な文章と書体によって朝鮮はもとより、世界的にも価値ある世界文化遺産の一つとなっています」

碑文には、コグリョの始祖王が国を建てたいきさつとその後の歴代王の後継ぎ関係、広開土王の功績と石碑を建てる目的が書かれています。そして、広開土王の功績を年代別、事件別に著し、王陵の管理と維持のための法律条項が書かれています。

碑文は、コグリョの歴史と当時のアジアの歴史を研究する上で貴い資料となっています。

(観光)

#ref(ike210409034_001.jpg,wrap,200x120)

RIGHT:'''2021.05.04の記事'''
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//141006_広開土王陵碑
//180506_広開土王陵碑2



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS