#author("2017-04-10T19:25:50+09:00","default:pop hok","pop hok")
*年明けの綾羅島 [#m461c702]
チュチェ103(2014)年が明けました。街と村は祝日一色に飾られ、人みな希望と喜びに溢れています。

昔からピョンヤンの自慢であるテドン川((大同川(大同江、대동강)))の中洲''ルンラ島''((綾羅島(릉라도)))も、新年を迎えて一層賑わっています。一番の人気はやはりルンラ・イルカ館です。海の中を歩くような感じの観覧ホール、竜宮と呼ばれる洞窟をかたどった科学技術知識普及室では誰もが新年の記念写真を残しています。

イルカたちが披露する様々な技は新年を迎える人々にいっそうの喜びを与えています。ボール捌きや疾走、握手、そしてチュチュ・・・すばらしいシュートやフープに誰もが舌を巻きます。
>「見れば見るほどすばらしいです。イルカたちももう一年年が行ったせいか、技がいっそう磨かれたようですね」&br;
「そのすばらしい技をなんと表現していいかわかりません。手のひらが痛いほど拍手を送りました」&br;
「イルカたちが人々とよくなじむのを見ますと、私も一度握手して、遊んでみたいですね」&br;

ルンラ立体リズム映画館では仮想の世界で現実と同じ興味津津たるものを思いっきり味わっています。絶壁から落ちたり、大型トラックとぶつかったり、また、飛行機に乗って空中戦も味わったリ、海の中でさめと格闘したりと、その視覚効果と共に音響感覚、運動感覚、空間感覚までその場で同時に体験できるすばらしいところです。
>「自分自身が戦車に乗って闘い、共和国の旗をなびかせる思いで映画を見ました」&br;
「小さい船に乗って波を乗り越えていきますと、すぐにでも波に飲み込まれて海の中に落ちてしまいそうでしたが、その過程に心が強くなるようでした。深い感銘を受けました。面白かったです」

電子娯楽館も同じです。子供も大人も時間が流れるのを忘れてその世界に溶け込んでいます。飛行機や車、オートバイに乗って走ったり、熱帯雨林の中で猛獣を狩り、格闘技で力と知恵を競い合ったりします。実際の機材を思わせる設備で娯楽はさらに興をそそっています。
>「子がとても面白がっているので私もいろいろなものをやってみましたが、本当に子供になった気分ですね」&br;
「本物のオートバイに乗ったようです」&br;
「子供のために来ましたが、やっているのを見ますと私もやりたくなりましてね。その面白さといいますと、どう表現していいかわかりません」&br;
「子が射撃するのを見て私も撃ってみました」

テンドン川の中洲ルンラ島、川面に垂れ下がるしだれ柳が、綾なす錦を敷きつめたようだといって「ルンラ島」、綾の字に、絹織物の意味の羅の字を書く綾羅島。冬の今にしだれ柳の風情ある眺めはありませんが、島のいたるところで幸せそうな笑い声が耐えません。

社会主義のこの国で季節にかかわりない美しい景色が生まれたのでルンラ島はそれこそ幸せの島、笑いいっぱいの島となりました。
//IKE131225008_12.jpg
//IKE131225008_22.jpg
//IKE131225008_32.jpg
//IKE131225008_42.jpg
//IKE131225008_52.jpg
//IKE131225008_62.jpg
//IKE131225008_72.jpg
//IKE131225008_82.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[ルンラ島(綾羅島)]]、[[綾羅イルカ館]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS