#author("2017-03-14T12:16:26+09:00","default:pop hok","pop hok")
*家禽業の発展の新しい歴史 [#i8a90bc4]
今、共和国の家禽業は飛躍的な発展を遂げています。多くの養鶏場とアヒル飼育場がリニューアルされ、新しく建てられた鶏とアヒルの飼育場で生産を正常化しています。家禽業の発展、これは「''以民為天''」、人民を天の如く見なすのを座右の銘とした偉大な金正日総書記の正しい導きによるものです。

''苦難の行軍''、強行軍と言われるほど共和国がとても苦しかった20世紀に家禽業も困難を経ていました。飼育場が一つ、二つ、生産を中止しなければなりませんでした。

金正日総書記は家禽業を盛り立てる大構想を練りました。チュチェ89(2000)年1月のある日、総書記は、私は現代的な養鶏場をもっとたくさん建ててよく運営し、軍人と人民に鶏肉を食べさせようと思っていると言いました。現代的な養鶏場をもっとたくさん建てよう、これが総書記の構想でした。

それは種子と設備、飼育法にいたるまですべての生産工程をコンピューターでコントロールする現代的な養鶏場でした。養鶏場だけでなく、アヒル飼育場、ガチョウ飼育場も同じでした。総書記の熱い人民愛によって共和国の至るところに現代的な養鶏場、アヒル飼育場が次々と建てられ、前からあった飼育場もリニューアルされました。

最新設備を完備し、生産工程を充実させた飼育場での労働、労働と言ってもそれは本当に楽な、歌声溢れるものでした。一人の飼育係が数万羽の鶏を管理できるようコンピューターコントロールシステムが構築され、肥育速度が早い優良品種でいっぱいの飼育場、また、卵が生産ラインに沿ってひっきりなしに流れ出る光景は見るほど素晴らしいものでした。

総書記は現代的な飼育場が建てられたと言うことを聞くたびに、そこを訪れて現代化の水準を把握しました。中には建設最中に訪れ、完工した後に又訪れた養鶏場もあり、また、何度も訪れて生産活性化の早道を教えたところもありました。伝統の祝日にも養鶏場を訪れ、遠い外国訪問中にも人々に卵がどれぐらい供給されるのかを聞いてその対策を講じた総書記でした。

つかの間の休みもとらず、雨の日、雪の日、そして蒸し暑い日にも現地指導を続け、鶏肉と卵を食べることが出来て感謝すると言うチャガン道の一人の労働者の話を聞いて、その話を聞いて疲れが吹っ飛んでしまった、私の喜びは人民からこのような話を聞くときだと言った総書記です。

総書記は試練の中で姿を一新した家禽業の誇らしい現実があまりにも嬉しくて、カンゲ養鶏場を訪れて、家禽も芸術だと言いたくなるといいました。意味の深いこの言葉に新世紀の共和国の家禽業の高さが込められ、現代的な家禽業に対する総書記の構想と意図がありました。

金正日総書記の献身の精神と労苦によって築かれた共和国の家禽業は今、敬愛する金正恩元帥の深い関心の中、さらに姿を一新し、人民生活の向上に大いに役立っています。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[以民為天]]、[[苦難の行軍]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS