#author("2017-04-01T12:57:26+09:00","default:pop hok","pop hok")
*天然記念物 洗浦朝鮮牛 [#f72766be]
''セポ朝鮮牛''は朝鮮の東部山岳地帯に適した固有の特性をもっていることから、天然記念物に指定されました。

カンウォン道((江原道(강원도)))セポ郡((洗浦郡(세포군)))一帯に生息しています。この地帯は標高500乃至600メートルで、降水量の比較的多いところです。

セポ朝鮮牛は体全体が赤茶色で口の当たりとあごの下、首の後ろの部分はやや黒味がかっています。

雄牛の平均体重は450キロで、大きいのは900キロに上るものもいます。雌牛の平均体重は350キロ、最高400キロまでです。

外観は逞しく、力強い足があります。体は前の方が後ろのほうより発達した、典型的な役用種です。

雄牛は首の後ろの部分が発達していて、胸のところが広く深く、その周りがとても大きいのが特徴です。

役用または肉用の品種で朝鮮の気候風土に順化し、体質が健康なので、悪い飼育条件と病気に強い耐性を見せます。

共和国ではセポ朝鮮牛を保護増殖させるために励んでいます。
//IKE140712026_12.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[セポ朝鮮牛]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140803_天然記念物─セポ朝鮮牛


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS