#author("2021-09-02T21:02:11+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-09-07T20:01:28+09:00","default:pop hok","pop hok")
*国旗にまつわる話 [#if121a24]
朝鮮民主主義人民共和国はチュチェ37(1948)年9月9日に創建されました。国号と国旗、国章には共和国の創建者である偉大な金日成主席の心血と労苦が込められています。

国旗の制定問題が正式に提案されたのはチュチェ36(1947)年11月のことでした。しかし、はっきりした方向付けがないので、正月が近づいてもそのデザイン作りは進展を見られずにいました。

関係者を呼んだ金日成主席は、わが国の国旗はその形や内容からして、他の国のと全く異なる新しく、朝鮮的なものになるべきだと言って、赤、白、青の色を入れて作るのが良さそうだとその表現の方法にいたるまで詳しく教えました。そして、国旗に赤色を入れるのは、祖国の自由と独立のために戦った闘士たちが流した赤い血と、党の周りに固く結集したわれわれの革命勢力を象徴的に反映するためだ、白い色は数千年の悠久で燦然たる民族文化を持つ一つの民族国家であることを表し、青色は社会主義偉業のために闘う朝鮮人民の気概と共和国の自主権を象徴するだろうと言いました。

チュチェ37(1948)年1月のある日、主席は関係者たちが作った国旗のデザインを見ました。主席は、赤、白、青の色の比率が合理的なものになっていないとし、中間部の地色は赤色が基本となり、上と下の部分は白い色と青色をそれぞれ対称させるのが良いだろう、白い色と青色の幅を今より細くしながらも際立って見えるようにすべきだと言いました。そして、意見を交わしてみようといい、数枚の国旗のデザインを出しました。白紙に鉛筆で線を引き、色鉛筆で印をつけたデザインでした。

共和国の創建のため多忙を極める中にも、色々な比例で国旗の線を引き、彩色までして一枚、一枚描いたものでした。その一枚を前にした主席は、これほどの比例にするのが一番合理的で見栄えもするだろうとし、国旗の横と縦の比例もよく合わせ、白い色のサークルの位置も中心に置かず、旗竿寄りにするのが良さそうだと言いました。そして、サークルの中に五角の星を描いて、共和国が引き継ぐ伝統、前進するわが人民の才知に富んだ気概と祖国の明るい発展の展望を象徴的に表すようにしました。

こうして五角の星と赤い地色、そして対称的な青色、白い色のベルトが克明に対照する美しく、崇高な感情を呼ぶ藍と紅の共和国の旗、国旗が空高くなびくようになりました。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210818002_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210818002_003.jpg,wrap,184x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.09.01の記事'''
LEFT:[[国旗が伝える話]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.09.01)
//210906_国旗にまつわる話



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS