#author("2019-03-18T20:42:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-03-30T13:12:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
*同じ家族のよう [#w68d5d74]
家族と親戚はもちろん、隣同士にも労わりあい、むつまじく暮らすのは古くからの朝鮮の良風美俗です。国中が同じ家族のような社会主義の朝鮮で、それはいっそう立派に引き継がれています。

ピョンヤン市((平壌市(평양시)))ソソン区域((西城区域(서성구역)))のハシンという町((下新洞(하신동)))の''第109居住人民班''((20~40世帯ごとに組織される住民の相互扶助組織。班長、衛生班長、扇動員等が置かれる。学習や自己批判の場を設けて思想を統制するとともに、さまざまな動因をかける末端組織でもあり、密告奨励によって監視システムの一翼をも担っているといわれる。旧ソ連の統治システムと類似しているものだが、日本が1940年に大政翼賛会の末端組織として導入した「隣組」を模倣したとの説もある。'''(ネット上の情報)'''))でも、みなが助け合い、導きあいながら、きれいな町づくりと楽天的な生活に励んでいます。数十戸からなるこの人民班では、班長から個別の所帯主、主婦、さらには子供たちまで同じ家族のようにむつまじく、親しいのが特徴です。

ある家に人民軍に入隊した子から偉勲を立てたという知らせが届くと、人民班のみなが読んでみてはわがことのように喜んだりします。またある家に患者がいると、みなが心配してくれます。正月ともなりますと、年寄りの家を先に訪ねて挨拶したり、真心こもるおせち料理を用意して一緒に食べながら楽しみを分かち合うのがここの人たちです。

出張が多く、職場のことで忙しい主婦たちのために副食物を買ってあげたり、その子たちの面倒を見たりするのもありふれたこととなっています。そうするたびに、主婦たちはありがたい思いを胸に、仕事に頑張る決意を固めています。

先日、19階の第1号室で息子の結婚式がありましたが、その時も人民班のみなが手伝ってあげました。台所用品を持ってくるかと思えば、結婚式の膳を飾る花を持ってくる家もありました。このように家ごと、家財道具と生活必需品を用意しました。

20階の第3号室に住む''ラ・チュンニョ''さんはこう話しています。
>「私は本当に隣近所が好きです。どの家におめでたがあれば、わがことのように喜んで祝ってあげます。助け合い、導きあう人情の厚い人たちが隣近所に住んでいます。隣同士は親戚といっていますが、やはり、同じ家族、兄弟のように思われてなりません」

助け合い、導きあう「兄の家」、「弟の家」のようで、伯父、伯母のように労わってくれるのがピョンヤン市ソソン区域のハシンという町の第109居住人民班の人たちです。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190212013_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190212013_002.jpg,wrap,184x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.03.17)
//190329_同じ家族のよう



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS