#author("2020-03-28T14:36:29+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2020-03-28T14:38:09+09:00","default:pop hok","pop hok")
*創作の源は [#hb2e94be]
彫刻「花を植える少女」です。''美術アトリエセンター・マンスデ創作社''の''金正日賞''、''人民芸術家の称号''受賞者の''キム・ソンシ''さんの手になるものです。

キムさんのお話です。
>「うちの孫娘が町の花壇で、こてを手にして自分も花を植えると言うので、私は近くでそのしぐさを注意深く見ました。まだまだ幼いけれど、自分も花を1株植えて育てたい気持ち、町づくりに努めたいという思いが感じられ、それをモチーフにしたらと思って、彫り物に手を出しました」

この作品は、チュチェ108(2019)年の第8回中国北京国際美術展で入賞しました。

キムさんは、ピョンヤン美術大学時代に、朝鮮のモニュメントであるチョンリマ銅像の制作に加わりました。卒業後、最初の作品は彫刻「希望」です。人みなを思う存分勉強させ、希望を叶えてあげるありがたいこの国への思いを作品で表したのです。

国内で催された美術展で、偉大な金日成主席はこの作品を始めいくつかの彫刻を見て、上出来だと評価しました。キャリア50数年の名匠であるキムさんは、モニュメントとなる大作の創作の一員となり、数多くの彫刻を見事に完成しました。

作品の叙情性を強く主張するキムさんは、人物のセンチメンタルでデリケートな感情を平易で簡明なタッチで表すのがお手の物です。主に大理石を材料とするその作品は、いずれも洗練された感性を伝えます。

彫刻「馬」、「角笛を吹く武士」、「提灯を提げる天女」、「入学」、「フィギュアスケート選手」、「銀盤の上で」、木彫り「水がめの踊り」を始め10数点の作品が国家所蔵品になりました。

キムさんの彫刻は何度も国際的な美術展に出品され、審査員と観客の惜しみのない賛辞を受けました。今、80歳になろうとしていますが、彫刻刀を手ばなしていません。

キムさんのお話を聞いてみましょう。
>「金正日賞受賞者は彫刻家にとってこの上ない栄誉です。寝ても覚めても創作の思いだけです」

愛国の情熱、正にこれがキムさんを創作にまい進させる尽きない源です。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_001.jpg,wrap,94x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_002.jpg,wrap,165x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_003.jpg,wrap,195x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_004.jpg,wrap,84x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_005.jpg,wrap,90x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_006.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_007.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_008.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200218012_009.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[万寿台創作社]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.03.27)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS